ブルースブラザーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルース・ブラザース
The Blues Brothers
映画のオープニングシーンに登場する
ジョリエット刑務所
監督 ジョン・ランディス
脚本 ダン・エイクロイド
ジョン・ランディス
製作 ロバート・K・ウェイス
製作総指揮 バーリン・ブリスタイン
出演者 ジョン・ベルーシ
ダン・エイクロイド
撮影 スティーブン・M・カッツ
編集 ジョージ・フォルシー・Jr
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1980年6月16日
日本の旗 1981年3月28日
上映時間 133分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $27,000,000 (概算)
興行収入 $57,229,890[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$115,229,890[1] 世界の旗
次作 ブルース・ブラザース2000
テンプレートを表示

ブルース・ブラザース』(The Blues Brothers)は、1980年ジョン・ランディスが監督したアメリカ映画アメリカ合衆国コメディアンであるジョン・ベルーシダン・エイクロイドが主演で、彼らをフロントメンバーとするR&B/ブルースの音楽バンドとしても活動している。

映画の続編に『ブルース・ブラザース2000』(1998年)がある。

概要[編集]

アメリカのNBCの人気番組『サタデー・ナイト・ライブ』の、同名の人気コーナーのキャストとバンドをベースに、ストーリーをつけて映画化したもの。スラップスティックコメディアクションミュージカルなどの要素が入り混じる。主演のベルーシとエイクロイドの、ブルースR&Bソウルミュージックなどの黒人音楽に対するオマージュという側面もある。日本での公開は1981年3月。

メンフィスサウンドの立役者スティーブ・クロッパーを初めとするバンドメンバーと客演ミュージシャンの顔ぶれの豪華さが話題となり、現在でも根強いファンがいる。1998年には続編として『ブルース・ブラザース2000』も製作された。また、映画とは若干のメンバー変更はあるものの、「ザ・ブルース・ブラザーズ・バンド」名義で何枚かのアルバムもリリースされている。

映画が公開された年と同じく1981年に、主演のジョン・ベルーシとダン・エイクロイドは来日を果たしている。その際には、吉祥寺にあるライブハウスを訪れており、日本人バンドとのセッションも行った[2]

日本大阪府にある「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」では、主演の2人らのソックリさんを出演させたストリート・ミュージカル・ショーが、連日上演されていた。

黒いスーツ、ネクタイ、靴、レイバンのサングラス(ウェイファーラー)、ソフト帽という格好は、往年のブルースミュージシャン達へのオマージュであったが、その後さらにMIBマトリックスのエージェントの格好としてもオマージュされている。

当初、148分の映画として編集され、試写会が行われたが、ユニバーサルは「こんな映画を見に来る白人はいない」とし、133分に短縮された。劇中曲は短く編集されたほか、ブルース・モービルの車庫入れ、エルウッドの退職などのシーンが削られた。DVD化の際、当初のオリジナル・フィルムが発見され、DVDには148分の特別編が収録された。

あらすじ[編集]

シカゴ郊外の刑務所(ジョリエット刑務所)を出所したジョリエット・ジェイクと、彼を迎えに来た弟のエルウッドは、兄弟を育ててくれた孤児院に出所の挨拶に行くが、そこで、孤児院が5000ドルの税金を払えないため立ち退きの瀬戸際にあることを知る。孤児院の危機を救うため援助を申し出る二人だが、犯罪で得た汚れた金は要らないと逆に院長に追い払われてしまう。

何とか孤児院を救いたい二人はかつて孤児院で世話を焼いてくれたカーティスに相談すると、ジェームス牧師の移動礼拝に出席することを勧められる。気乗りのしないジェイクをエルウッドが礼拝に無理矢理連れてくると、ジェームス牧師の説話を聞いていたジェイクは突然神の啓示を受ける。「汝 光を見たか?」「そうだ!バンドだ!」

こうしてふたりは、昔のバンド仲間を探し出しあの手この手でバンドに引き入れ、音楽で金を稼いで孤児院を救う「聖なる任務」に立ち上がったのだが、行く手にはシカゴ中の警官、州兵、マッチョなカントリー・ミュージック・バンドネオナチ極右団体、そしてジェイクの命を付けねらう謎の女が待ち受ける。

キャスト[編集]

日本語吹き替え[編集]

役名 俳優 日本語版1 日本語版2 日本語版3
ジェイク ジョン・ベルーシ せんだみつお ブラザー・トム 高木渉
エルウッド ダン・エイクロイド 小野ヤスシ ブラザー・コーン 青山穣
ジェームズ牧師 ジェームズ・ブラウン 寺田誠 内海賢二 町田政則
カーティス キャブ・キャロウェイ 田中康郎 野本礼三 水野龍司
マットの妻 アレサ・フランクリン 間嶋里美 佳川紘子 慶長佑香
謎の女 キャリー・フィッシャー 吉田理保子 行成とあ
レイ レイ・チャールズ 田中康郎 千葉耕市 水野龍司
ペンギン キャスリーン・フリーマン 麻生美代子 京田尚子
翻訳:額田やえ子、演出:左近允洋
翻訳:川本燁子、演出:壺井正、調整:飯塚秀保、効果:PAG、製作:グロービジョン、配給:日本MCA
  • 日本語版3:2011年に発売されたBlu-rayに収録

スタッフ[編集]

登場歌[編集]

シーン:ジェイクが刑務所で看守に起こされる
  • SHE CAUGHT THE KATY (The Blues Brothers Band)
シーン:エルウッドが刑務所にジェイクを迎えに来た
シーン:ジェイクとエルウッドが、カーティスと孤児院で話している
シーン:ジェイムズブラウン牧師がトリプルロック教会で説教をしながら歌う
シーン:ジェイクが教会で光を見て、「Sees the Light」と言った時
シーン:エルウッドがブルースモビールで信号無視し、警官に止められた
  • HOLD ON, I'M COMIN'(サム&デイヴ)
シーン:ブルースモビールがパトカーに追跡され、ショッピングモールの駐車場に入る
  • CAN'T TURN YOU LOOSE (The Blues Brothers Band)
シーン:ブルースモビールがショッピングモール内に突入し、カーチェイスをする
  • PETER GUNN THEME (The Blues Brothers Band)
シーン:エルウッドがジェイクを連れて彼のアパートに行く
シーン:エルウッドとジェイクが部屋に入り、エルウッドがレコードをかけた曲
  • ANEMA E CORE (Ezio Pinza)
シーン:タランティーノ夫人の家で
  • QUANDO, QUANDO, QUANDO (Murph and the MagicTones)
シーン:マーフとバンドがホリデイ・インで演奏する
シーン:ジェイクとエルウッドがマーフとバンドを自分たちのバンドへの復帰を説得している時
シーン: Chez PaulレストランでのBGM
シーン:マックスウェルストリートでジョンリーフッカーが演奏
シーン:ソウルフードカフェで、マットの奥さんが歌う
シーン:レイのミュージックエクスチェンジ店で演奏される曲
  • BOOGIE CHILLUN(ジョン・リー・フッカー)
シーン:ジェイクとエルウッドがボブのカントリーバンカーへバンドを連れていく
シーン:イリノイ・ナチス事務所で流れているBGM
  • YOUR CHEATIN' HEART (Kitty Wells)
シーン:ボブのカントリーバンカーで
  • GIMME SOME LOVIN' (The Blues Brothers Band)
シーン:ボブのカントリーバンカーでのライブで最初に演奏する曲
シーン:ボブのカントリーバンカーでのライブで2番目に演奏する曲
  • STAND BY YOUR MAN (The Blues Brothers Band)
シーン:ボブのカントリーバンカーでのライブで3番目に演奏する曲
シーン:ジェイクとエルウッド、カーティス、孤児達が外でコンサートの宣伝活動をする
シーン:パレスホテルにて、コンサートでカーティスとバンドが演奏する曲
  • CAN'T TURN YOU LOOSE (The Blues Brothers Band)
シーン:カーティスが「Time is Tight」と言い、ジェイクとエルウッドを紹介して時にバンドが演奏する曲
  • EVERYBODY NEEDS SOMEBODY (The Blues Brothers Band)
シーン:パレスホテルにて、ジェイクとエルウッドの最初の曲
  • SWEET HOME CHICAGO (The Blues Brothers Band)
シーン:パレスホテルにて、ジェイクとエルウッドの2番目の歌で、その後のカーチェイス中にも流れる曲
シーン:カーチェイスの後、ナチの車が空から落下する時
シーン:納税へ行く時のエレベーター内で流れる曲
シーン:刑務所にて演奏する曲

クレジット[編集]

登場車種[編集]

  • 1974年式ダッジ・モナコ(白と黒)
エルウッドらブルースブラザーズが愛車として使用。
元パトカーであるため運転席側にサーチライトが付いており、車庫入れの際点灯させてるシーンがある。方向指示器が故障しており、手で合図しながら曲がるシーンがある。
  • 1975~77年式ダッジ・モナコ
イリノイ州・シカゴ市警察がパトカーとして使用。
エルウッドらのモナコとの違いはフロントライトが格納式になっている事。
司令官率いるイリノイナチの車。最後の空から落ちるシーンは実際にフォードをヘリから落として撮影した。
  • 1975年式フォード・LTDワゴン(緑)
イリノイナチの車。
  • 1977年式ポンティアック・グランプリ(赤)
キャリー・フィッシャー演じる謎の女の車。ボディの至るところが腐食しているが当時3年落ちである。

撮影エピソード[編集]

  • レイ・チャールズがエレピを弾き「Shake your taailfether」を演奏し、通りを歩く歩行者がリズムに合わせダンスをするシーンは、設定は夏だが撮影は真冬で極寒の日のロケだったという。
  • ショッピングモールのカーチェイスシーンは、イリノイ州ハーベイにあった廃墟となったショッピングモールを使い1週間かけて行われた。実際にある企業から商品を借りて撮影をしていたため、盗難防止に当時アメリカ最大の警備会社に警備を依頼していたが、撮影中商品が無くなる事が相次いだ。警察を呼び調べたところ、その警備会社の警備員が盗んでいたことが判明した。

撮影地[編集]

  • ジョリエット刑務所 - ジェイクの出所シーン。
  • シカゴ - シカゴ・デイリー・プラザ
  • イリノイ州・ハーベイ - ショッピングモールのカーチェイス。
  • ハリウッド・パラディウム劇場 - コンサートのシーン。

脚注[編集]

外部リンク[編集]