ブルーギル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルーギル
Bluegill (Lepomis macrochirus).jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 顎口上綱 Gnathostomata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: サンフィッシュ科 Centrarchidae
: ブルーギル属 Lepomis
: ブルーギル L. macrochirus
学名
Lepomis macrochirus
Rafinesque, 1819
和名
ブルーギル
英名
Bluegill

ブルーギル(: Bluegill、 学名Lepomis macrochirus) は、スズキ目・サンフィッシュ科に属する魚の一種。北アメリカ原産の淡水魚だが、日本でも分布を広げた外来種である。

形態[編集]

成魚の体長は多くの場合20cm前後。日本に生息する個体群の場合最大でも25cm。一方原産地の北アメリカで大規模河川や湖沼では、40cm近くに成長した個体がみられる。体型や色彩に若干の地域変異が認められる。日本に生息するのはアイオワ産(後述)の個体群15尾の子孫である[要出典]

フライパンに収まりやすい魚=“パンフィッシュ”と呼び習わされるLepomis属の中でもさらに最も体高があるため側面形は円形に近く、体幅は左右に強く側扁する。この体高は成長が進んでから顕著となり、1才令までは細長い体型をしている。口内、唇内側には細かい鋸歯状の歯が並ぶ。

体型に加え胸びれが小さいため直線的な遊泳力はやや弱いが、背鰭、腹鰭、尻鰭はよく発達して細かく体の向きを変える能力に富む。

成長した個体、特にオスは額と下顎-胸部にかけての肉厚が発達する。体色は変異があるが、およそ淡い青緑褐色で、腹面は黄色みを帯びる。群の中で地位の高いオスはさらに胸部がレッドブレストサンフィッシュやピラニア・ナッテリー等がそうであるように赤く染まる。

体側に細い横しまが10本前後ある。左右の鰓蓋の上部に突出した皮弁があり、その部分が紺色になっている。この部分に由来して"Bluegill sunfish"(ブルーギル・サンフィッシュ : い鰓蓋のサンフィッシュ)、略してブルーギルと呼ばれる。

生態[編集]

原産地は北米大陸東部。 淡水性。といった止水域や流れのごく緩やかな河川に生息する。山上湖〜河口、気水域まで、生存可能な水温水質の幅は広く、溶存酸素が不足していなければ水質汚濁にも比較的強い。 身を隠すのに適し水流を遮ってくれるような障害物や複雑な水中地形の場所を特に好み、そのような環境では多くの個体が密集する。若い小型個体は表層近くで活発に動き回るが、よく成熟した大型個体は深い位置であまり動き回らずにいる傾向にある。

雑食性で水生昆虫甲殻類貝類・小魚・魚などいろいろな小動物を捕食するが、餌料生物が少ないときには水草も食べる。大型個体はブラックバスの巣を襲い、親魚の隙を突いて卵や仔魚を捕食することもある。

繁殖期は春〜夏。この時期になるとオスは縄張り意識と闘争性が極度に高まるとともに、水底の砂泥を口で掘って浅いすり鉢状のを作り、メスを呼びこんで産卵させる。産卵・受精が終わった後もオスは巣に残り、卵に新鮮な水を送ったり、ゴミを取り除いたり、卵を狙う他の動物を追い払ったりして卵を守る[1]仔魚が孵化した後もしばらくは仔魚の保護を行う。仔魚の生存率は4パーセントほど[要出典]

名前に関して[編集]

本種の標準和名は「ブルーギル」である。通称として単に「ギル」と呼ばれることもある。"gill"とは英語で「えら」を意味するため、特定種の魚の呼称とするには不適切といえるが、日本語でえらをギルと呼ぶことはほとんど無く、混乱は生じていない。原産地のアメリカ合衆国やカナダでは"bluegill"または"bluegill sunfish"と称され、"gill"と称されることはない。

サンフィッシュ類は北米大陸に広く分布し、現地では多くの種が生息し、ごく一般的な淡水魚であるため、文学作品にもしばしば登場する。しかしマンボウの英名が"ocean sunfish"で、こちらも単に"sunfish"とも呼ばれるため、英語圏文学書を日本語翻訳した際に、淡水産のサンフィッシュ類をマンボウと誤訳していることがある。英文学の和訳作品で、湖沼、河川といった陸水域の場面で「マンボウ」が登場したら、ほぼブルーギルなどのサンフィッシュ類の誤訳とみてよい。

人間との関わり[編集]

外来種問題[編集]

釣られたブルーギル(ミズーリ州、Bilby Ranch Lake)
導入

ブルーギルはもともと北アメリカの中部・東部に広く分布する魚だが、移入された先々に定着し、世界各地に分布している。

小動物から水草まで食性は幅広く、汚染などにも適応力がある。さらに卵と稚魚は親が保護しているため捕食者は手を出せない。これらの習性からブルーギルは短期間で個体数を増やすことができ、各地で分布を拡げている。

日本への移入は、1960年に当時の皇太子明仁親王今上天皇)が外遊の際、アイオワ州グッテンバーグで捕獲されたミシシッピ川水系原産の15尾をシカゴ市長から寄贈され、日本に持ち帰り、水産庁淡水区水産研究所が食用研究対象として飼育したのち、1966年静岡県伊東市一碧湖に放流したのが最初とされていた。2009年三重大学生物資源学部が発表したミトコンドリアDNAの解析結果により、全都道府県の56ヶ所で採取した1,398体全ての標本の塩基配列が、米国13地点で採取したサンプルのうちグッテンバーグで採取したものと完全に一致したことでこの事実が証明された[2]。こうした経緯もあって、「おめでたいプリンスフィッシュ」と称されて各地に放流されたという記録がある[3]

このブルーギルが今や外来種として深刻な問題を起こしていることについて、天皇即位後の2007年第27回全国豊かな海づくり大会において今上天皇は「ブルーギルは50年近く前、私が米国から持ち帰り、水産庁の研究所に寄贈したもの。食用魚として期待が大きく養殖が開始されましたが、今このような結果になったことに心を痛めています」と発言した[4]

当初は食用として養殖試験なども行われ、各地の試験場にも配布されたが、成長が遅く養殖には適さないことが判明した。

その後起こったバス釣りブームの際に、バス釣り業界の関係者や愛好家の手によりブラックバスと称して各地の湖沼に放流されたものが繁殖し、日本中に分布を広げるに至った[5][6]。なお、ブルーギルとオオクチバスが生息魚種の大半を占める水域では、ブルーギルとオオクチバスの生息数は逆相関の関係を保ちながら変動し推移する[7]

影響

ブルーギルの繁殖力と生命力、捕食力、餌の競合[8]、在来魚種の卵や稚魚の捕食などの点で、日本の池や湖の生態系には十分脅威で、生態系維持と漁業の観点から日本中の湖沼でその存在数はかなりの問題とされている[5][6]。さらに生活廃水で汚れた水でも生息できるため、個体を減らすことは難しい。一方、ブルーギルへの大きな懸念を過剰反応とするむきもあるが、実際に目につく魚類の大半がブルーギルといった場所も増えている。

また漁獲対象魚種への圧迫のみならず、鰓蓋やの棘条がに絡みやすいことから、網にかかったブルーギルを外す際に背びれが手に刺さるため、漁師も本種を嫌う。

滋賀県の瀬田月輪大池で1984年から1995年まで行われた調査によれば、ブルーギルの移入後にモツゴが絶滅した。なお、瀬田月輪大池にはオオクチバスも移入されたが、モツゴの減少に対してはブルーギルの方が影響が大きかったとされている[7]

駆除

日本では本種はオオクチバスと並んで外来生物法により特定外来生物に指定されており、各地で導入の阻止や駆除が進められている[5][9]。防除を行っている代表的な水域として、霞ヶ浦琵琶湖深泥池五稜郭皇居外苑濠などがある[5]

駆除の主な方法としては成魚を捕獲する方法と卵の孵化を阻害する方法がある。捕獲の場合、一般的に網などの漁具、電気ショッカー、減水させ捕獲などで駆除が行なわれる[5]。他に駆除策として漁業従事者からの買い上げのほか、人工産卵床を浅瀬に設置し、産卵後に卵ごと撤去するという方法も試みられている。

小規模な溜池では水抜きによって捕獲した魚類からブラックバスやブルーギルとそれ以外の魚を分け、外来魚を除去した後、在来魚を戻すという方法がある[10]。水位調節が比較的自由に行える農業用のため池やダムでは、産卵後から孵化までの期間に減水させ産卵床を露出することで稚魚の孵化を阻止することも可能である[11]

湖沼ではウグイがブルーギルの卵や稚魚を捕食する為、増殖抑制に有効である可能性が示されている[1]。更に、タニシカワニナなどの底棲巻き貝類がブルーギルの産卵床周辺で高頻度で見つかり、巻き貝がブルーギルの卵を餌としている可能性が指摘されている[12]

釣り上げた際に再放流しないことが推奨されるが、投棄するとブルーギルはその場で腐り、烏などの餌になってカラスを増やす原因になったり、夏は異臭や害虫を増やす結果になり周辺環境を悪化させる。琵琶湖に関しては持ち帰るか設置された回収ボックスに入れることになっている。実際に再リリース禁止はブルーギルの生息数の抑制に効果があるとする研究がある[13]。滋賀県庁が発行している「ブルーギル ブラックバスのリリースは禁止です」というチラシによると、「外来魚を釣り人の手で取り除くことは相当の効果が期待できます」と明記されている。理由として「琵琶湖では年間21万人の釣り人がある。釣りは水路や沿岸部、障害物の近くなど大規模な漁具を入れられない場所にいる外来魚をきめ細かく取り除く事ができ、駆除事業を補完する効果がある。」と表記されている。

韓国イギリスでは生きた個体の持ち込みが禁止されている[5]

利用[編集]

観賞魚

観賞魚としては、生命力が強く、雑食で適応力があるため初心者にも飼育は容易であったが、国内では2005年6月に施行された特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)で特定外来生物に指定されたため、愛がん・鑑賞の目的で新たに飼養することは禁止されている。研究や教育などの目的で飼養する場合には主務大臣から許可を受けなければならない。

食用
フライパン焼き魚

食味は淡泊でしまりはないが軟らかく美味しい。原産地の北米では大型のものが釣れ、体が丸くフライパンにすっぽりと収まり、バター焼きなどに適することからパンフィッシュ ("Pan fish") と称され食べられている。2006年10月1日放送の「お笑いワイドショー マルコポロリ!」番組内のギャル曽根がブルーギル300尾を食べるという企画に出演した日本料理の板前は「ブルーギルの味はタイそっくりの上品な味」と表現していた。

しかしながら日本ではあまり食用とはされていない。理由として早期に捕獲するため大型にならず身が薄い一方、が多く調理や食べる際に手間がかかる[要出典]点、また腸の内容物の量が多く[要出典]、悪臭の強い内容物が身に付着してしまうと風味を損ねるため、小さい個体は食材としては調理しにくいといった点が挙げられる。しばらく養殖して大きく成長させると食材としての価値は高まると考えられる。

滋賀県では琵琶湖のブルーギルをビワコブナという名称で鮒寿司の材料であるニゴロブナ代用魚として利用したり、揚げ物などの材料としたものが作られており、県のサイトでも調理方法を公開している。[14]また大型の個体を食用に供する釣客もいる。事実、滋賀県農政水産部水産課が発行している「遊漁の手帖」では「大型のものは造りや塩焼きにして食べる」と、生食も含めた食用利用にも適していることが明記されている。

中国では、1987年に観賞魚として移入された後、食用に転用された。一般に、英語名を直訳した藍鰓太陽魚(ランサイタイヤンユー、lánsāi tàiyángyú)、または、単に太陽魚と呼ばれ、湖北省広東省などで養殖が行われている。中国での養殖には主に顆粒の配合飼料が使われ、臭みも少ないことから、蒸し魚としての利用が多い。

調理方法は塩焼き煮付けなど和風料理の他、ムニエルアクアパッツア等の洋風料理でも食べられる。

魚粉

魚粉として肉骨粉の代わりに畜産(養鶏養豚など)飼料や魚類の養殖飼料や有機肥料として利用される。 外来魚駆除の取り組みとして地産地消品として有効利用されている。

遊漁[編集]

ブルーギルの釣魚としての価値は低く、本種を専門に狙う釣り人はあまり多くはない。しかし、先述のように原産地アメリカにおいて本種を含め“パンフィッシュ”の名で親しまれるLepomisは、簡単な仕掛けで初心者でも容易に釣ることができる。このため、家族連れがキャンピング、ハイキングを楽しむ際等に、水遊びの相手として馴染み深い魚である。

日本国内のブルーギルの場合、餌は通常の釣餌以外に毛針米粒油揚げ干しぶどう羊羹カステラレバーイカ塩辛かまぼこなどの魚肉練り製品、魚肉ソーセージなどでも釣れる。また、小型ルアーを使うフライフィッシングルアーフィッシングでも釣れる。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 片野修, 坂野博之, BORIS VELKOV:ウグイによるブルーギル卵の捕食効果についての実験的解析日本水産学会誌 Vol. 72 (2006) No. 3 P 424-429
  2. ^ ブルーギル、陛下に贈られた15匹の子孫証明 読売新聞2009年10月23日 2009年10月23日閲覧
  3. ^ 村上興正・鷲谷いづみ(監修) 日本生態学会(編著) 『外来種ハンドブック』 地人書館2002年9月30日ISBN 4-8052-0706-Xp.119
  4. ^ 天皇陛下のおことば 第27回全国豊かな海づくり大会 平成19年11月11日(日)(滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール)
  5. ^ a b c d e f 多紀保彦(監修) 財団法人自然環境研究センター(編著) 『決定版 日本の外来生物』 平凡社2008年4月21日ISBN 978-4-582-54241-7pp164-165
  6. ^ a b ブルーギル 国立環境研究所 侵入生物DB
  7. ^ a b 瀬田月輪大池における魚類群集の変遷 : 12年間の生物学実習の結果より 滋賀医科大学基礎学研究 Vol.8 p.19 -36
  8. ^ 長野県浦野川におけるブルーギル幼魚の胃内容物 水産増殖 Vol.53 (2005) No.2 P115-119
  9. ^ 種生物学会 『外来生物の生態学 進化する脅威とその対策』 文一総合出版2010年3月31日ISBN 978-4-8299-1080-1
  10. ^ ダム湖の水位低下を利用した定置網による外来魚捕獲とその効果 応用生態工学 Vol.15 (2012) No.2 p.171-185
  11. ^ さくら湖(三春ダム)の水位低下がオオクチバスの繁殖に与える影響 応用生態工学 Vol.6 , No.1(2003)pp.15-24
  12. ^ 外来魚ブルーギルの卵・仔魚に対する在来巻貝類による捕食 魚類学雑誌 Vol.53 (2006) No.2 P167-173
  13. ^ 釣りによるブルーギル個体群の抑制 日本水産学会誌 Vol.73 (2007) No.5 P839-843
  14. ^ 滋賀県農政水産部水産課「★Catch&EAT!!〜外来魚の調理方法★」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]