ブルノ国立フィルハーモニー管弦楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブルノ国立フィルハーモニー管弦楽団(Filharmonie Brno または Státní filharmonie Brno)は、チェコ第2の都市ブルノを本拠地とするオーケストラである。

ブルノはヤナーチェクゆかりの地であり、この管弦楽団もヤナーチェクの音楽を得意とする。

歴史[編集]

前身はフランティシェク・ノイマンが監督の地位にあったブルノの歌劇場のオーケストラであり、1940年にこれを引き継いだブルノ放送交響楽団である。

1956年、このブルノ放送交響楽団とブルノ管区交響楽団が合併してブルノ国立フィルハーモニー管弦楽団が誕生した。初代首席指揮者にはブジェティスラフ・バカラを迎えた。

1961年東京交響楽団コンサートマスターの交換を行い、小林武史が3年間コンサートマスターを務めた。

歴代主席指揮者[編集]

桂冠指揮者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Central-Europe-map.png この「ブルノ国立フィルハーモニー管弦楽団」は、中央ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 中央ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ