ブルネイ通貨金融庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルネイ通貨金融庁
Autoriti Monetari Brunei Darussalam
ブルネイの国章
ブルネイの国章
本店 ブルネイの旗 ブルネイブルネイ・ムアラ地区バンダルスリブガワン
設立 2011年1月1日
最高責任者(Managing Director) Dato Paduka Awang Haji Mohd Rosli Bin Haji Sabtu
ブルネイ
通貨 ブルネイ・ドル
ISO 4217 コード BND
ウェブサイト 公式サイト
前身 ブルネイ通貨委員会(Brunei Currency Board)

ブルネイ通貨金融庁(ブルネイ つうか きんゆうちょう、マレー語: Autoriti Monetari Brunei Darussalam、略称:AMBD)は、ブルネイ財務省の管轄下に置かれている省庁ブルネイ・ダルサラーム国には中央銀行はなかったが、2011年1月1日のブルネイ通貨金融庁の発足により、初めての中央銀行となった[1]

歴史[編集]

ブルネイ通貨委員会(BCB)は1967年6月12日に設置され、マラヤ・英領ボルネオ・ドル(Malaya and British Borneo dollar)に代わる新通貨ブルネイ・ドル」を導入した。ブルネイはマレーシアシンガポールと通貨協定を結んでおり、1973年5月8日にマレーシアが協定を破棄するまでこの3国間で等価交換されていた[2]。マレーシアの協定破棄後もブルネイとシンガポールの通貨共通使用の合意は維持された。2007年6月27日に両国は共通使用40周年を祝し、共同で20ドル紙幣を発行した[3]

ブルネイ通貨委員会は2004年2月1日に解散し、通貨金融令(Currency and Monetary Order)第3条1項の規定に基づきブルネイ通貨金融委員会(Brunei Currency and Monetary Board、略称:BCMB)が発足した[4]。さらに2011年1月1日に組織の改組が行われ、ブルネイ通貨金融委員会はブルネイ通貨金融庁に統合された[1]

業務[編集]

  • 通貨の発行と管理(BCMBより継承)[1]
  • 金融関連の規制の整備(ブルネイ財務省金融機関局{Financial Institution Division、FID}より継承)[1]
  • 国内の金融機関の監督(FIDより継承)[1]

旧・通貨金融委員会の組織[編集]

  • 財務大臣兼ブルネイ通貨金融委員会委員長
ハサナル・ボルキア
  • 委員
ダト・パドゥカ・アワン・ハジ・アリー・ビン・アポン(Dato Paduka Awang Haji Ali bin Apong) - 前ブルネイ財務省長官
アワン・ハジ・モホド・アミン・リュウ・ビン・アブドゥラー(Dr. Awang Haji Mohd Amin Liew bin Abdullah) - 財務省ブルネイ投資庁専務理事
ダティン・パドゥカ・ダヤン・マグダレネ・チョン(Datin Paduka Dayang Magdalene Chong) - 総理府法務官室法務次官
ダト・パドゥカ・ハジ・ジュナイディ・ビン・ペヒン・オラン・カヤ・ペケルマ・セティア・ダト・パドゥカ・ハジ・ハシム(Dato Paduka Haji Junaidi bin Pehin Orang Kaya Pekerma Setia Dato Paduka Haji Hashim) - バダン・タンミア・ハルタ・イスラム評議会議長

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 在ブルネイ日本大使館"経済概要"(2013年6月19日閲覧。)
  2. ^ The Currency History of Singapore”. シンガポール金融管理局 (2007年4月9日). 2007年12月28日閲覧。
  3. ^ シンガポール金融管理局 (2007年6月27日). “Commemorating the 40th Anniversary the Currency Interchangeability Agreement”. 2007年7月30日閲覧。
  4. ^ Overview of the Brunei Currency and monetary board”. ブルネイ財務省 (2005年). 2008年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]