ブルトン国家党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブルトン国家党またはブルトン国民党フランス語: Parti National Breton、略称:PNB)は、1931年から1944年の間に存在した、フランス ブルトン(ブルターニュ)地方ナショナリストによる政党第二次世界大戦フランス解放後に、ナチスと連携したとして解散させられた。

概要[編集]

PNBは1931年8月のガンガンでの大会の後に、ブルトン オートノミスト党(en、略称:PAB)の、連邦主義者とナショナリストの間の分裂により形成された。PABの崩壊の後、Morvan Marchal(en)率いる連邦主義者はブルトン連邦主義者同盟(en)を結成した。Olier Mordrel(en)率いるナショナリスト党派は、明確なナショナリストの政治方針、すなわちブルトンのフランスからの独立を求める、新しい党の創設を決定した。

これは、1911年から1914年の間に存在した以前の「ブルトン国家党」の復活であった。1931年12月27日にランデルノーで大会が開かれた。後にCélestin Lainé (en)に率いられた活動家達が、レンヌにあったブルターニュのフランスへの統合を表す像を爆破した。

PNBは国際的なケルト主義の概念の影響を受け、その願望をアイルランド人の独立運動をモデルとした。それはまたファシストの思想にも関連した。1939年に第二次世界大戦が勃発するとPNBは、ナチス・ドイツと連携したとの理由で禁止されたが、フランス敗北後に復活し、ブルトンのナショナリズム(en)とより密接に連携した。

1941年、PNBから明確なナチス党派が分裂してブルトン国家社会主義労働者運動となった。

PNBが存続中に出版していた新聞は「ブルトンの時間」(L'Heure Bretonne、en)であった。

参照[編集]

  • La Bretagne dans la guerre by Hervé Le Boterf. 1969.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]