ブルキナファソのスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

本項ではブルキナファソのスポーツについて記述する。

ブルキナファソではサッカーバスケットボール自転車競技ラグビーユニオンハンドボールテニス陸上競技格闘技などのスポーツが広く行われている[1][2]

サッカー[編集]

サッカーは非常に人気があり、トップレベルにおいても大衆レベルにおいても広く全国的に行われている。代表チームはYennenga王女の伝説の馬にちなんで、「レエタロン」(種牡馬)の愛称で呼ばれている[1]1998年、ブルキナファソはアフリカネイションズカップの開催国となり、ボボ・ディウラッソで多目的スタジアムが建設された[1][3]。この大会ではフィリップ・トルシエ監督に率いられ、初のベスト4に入った。[4]

自転車競技[編集]

サイクリングは、スポーツとしても、安価な移動の手段としても普及している[1]。毎年11月に開催されるツール・デュ・ファソ英語版国際自転車競技連合承認の自転車大会である[1]。レースでは、気温が最大40℃に達することがある[1]2005年からUCIアフリカツアーに加えられた。

オリンピック[編集]

ブルキナファソは、1988年以来開催されたすべての夏季オリンピックに選手団を派遣している。1972年には「オートボルタ」の名称で出場した。2011年現在、冬季オリンピックには出場したことがない。また、これまでにメダルを獲得したブルキナファソ選手はいない。[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Marchais, p.102
  2. ^ Oxfam
  3. ^ Gleeson
  4. ^ 国吉
  5. ^ Sports Reference LLC

参考文献[編集]