ブリル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
軸箱蓋のBrillマーク
横浜市電保存館のBrill-21E形台車

ブリルJ.G. Brill and Company )は、かつてアメリカ合衆国に存在した鉄道車両バス車両メーカーである。

主に路面電車インターアーバン用車両・台車等を製造し、本社・工場はペンシルベニア州フィラデルフィアに置いていた。

沿革[編集]

1868年馬車鉄道用客車メーカーとしてジョン・ジョージ・ブリル(John George Brill )により創業。1900年代に鉄道車両メーカー数社を買収して事業規模を拡大し、路面電車車両およびインターアーバン電車メーカーとしては米国最大の企業に成長した。1912年にはパリに工場を新設し、米国外へ進出している。

設備投資は必要であるが量産に適した型鍛造の技術に優れ、2軸単台車としては史上空前のベストセラーとなり世界中でデッドコピーされた「21E」や、高速電車用としてその優れた乗り心地故に長く賞揚され続けた「27MCB」シリーズなど、ホイルベースの変更が容易という型鍛造品の特性を生かして、顧客の求めに応じ様々な寸法・仕様の同系台車を世界中に大量に供給したことで知られる。また、その一方でトラニオンと呼ばれる現在のボルスタアンカーに相当する機構や、グラジエート・スプリングと称する耐荷重上限と乗り心地の両立を可能とする2段ばね定数式の枕ばね機構、それにボールハンガーと称する揺れ枕吊りリンクのがたつき防止機構を開発するなど、乗り心地の改善に意欲的であったことでも知られている。

1926年にアメリカン・カー・ファンドリー(en:American Car and Foundry Company )に買収されたが、引き続きJ.G.ブリルの名で鉄道車両・バスの製造を続けた。しかし、1930年代以降はモータリゼーションの進行により鉄道車両の需要が減少したため生産数が減少し、各地の工場も順次閉鎖された。同年代半ばには当時米国内各地に納入されていたPCCカーに似た流線形の路面電車車両「ブリルライナー」(Brilliner )を独自に製造発売したが、PCCカーに比べ受注は振るわず、1941年に鉄道車両・路面電車車両の製造を終了し、1944年に廃業した。

廃業後すぐに新会社「アメリカン・カー・ファンドリー=ブリル」(American Car and Foundry Company-BrillACF-Brill)が設立され、バスの製造を続けていたが、1954年にフィラデルフィアの工場が閉鎖され、会社は消滅した。

創業から廃業までに製造した車両は約45,000両に及ぶ(バスも含む)。

年表[編集]

主な製品[編集]

鉄道車両
  • ブリル・コンバーチブルカー(Brill Convertible Car ) - 密閉形・開放形の切り替えが可能な路面電車車両
  • ブリル・セミコンバーチブルカー(Brill Semi-Convertible Car
  • ブリル高速連接車(Brill High-speed Articulated Cars ) - 連接車
  • ブリル・ブレット(Brill Bullet ) - 曲面ガラスを使用した弾丸形形状の車両
  • ブリルライナー(Brilliner ) - 流線形の路面電車車両
バス
  • C-36 - 一般路線バス用
  • IC-41 - 都市間バス用
  • ツインコーチ(Twin Coach

日本への輸出[編集]

1900年代初頭から1930年頃にかけ、日本へも多くの輸出を行なっている。鉄道車両の完成品として日本に輸出した例は九州鉄道ブリル客車(通称「或る列車」)のみだが、台車は路面電車単車用の「21E」、路面電車ボギー車用の「76E」「77E」、電気鉄道車両用の「27MCB」などを全国各地の私鉄および公営路面電車事業者に納入している。日本初の営業用電車である京都電気鉄道の開業時の電車もブリル製台車(21B)を主に使用していた。

日本向けに納入されたブリル製台車の中には2007年現在も使用されているものがある。

鉄道車両[編集]

台車のみの納入[編集]

ブリル製台車を使用する主な形式を下に記す。日本での提携関係にあった日本製鋼所によるライセンス製品の他、住友金属工業日本車輌製造など、日本国内のメーカー各社によるブリル製台車の無断コピー品も多数製作され、ことに路面電車用の76E・77Eは第二次世界大戦後までコピー品の製作が続いた。

21E[編集]

2軸単台車。(写真)[1]

22E[編集]

ブリル社初の2軸ボギー台車にして初のマキシマム・トラクション台車。心皿を持たないボルスタレス台車の一種である。(写真)[2]

  • 京津電気軌道1形電車
  • 大阪市電501形電車

27G[編集]

重ね板ばねを線路に平行に配置し、枕梁を支える釣り合いばねとした心皿付の軸ばね式2軸ボギー台車。鋳鋼製台車枠を備え、日本には阪神電気鉄道向け27G-1のみ輸入された。

27G-1
  • 阪神電気鉄道1形電車

27GE[編集]

心皿を持つ通常構造の軸ばね式2軸ボギー台車。27Gの改良モデルで、台車枠を鍛造に変更した。

27GE-1(写真)[3]

27E[編集]

27GEの上位機種として、高速電車用に設計された2軸ボギー台車。27G/27GE系の釣り合いばねを廃し、台車枠から線路に平行に配された梁を吊り下げ、この上に枕ばねを載せて下揺れ枕を支える構造となった。

27E-1
27E-1 1/2
  • 南海鉄道電2形電車
27E-2

27MCB[編集]

上田交通ED25 1の装着するブリル27MCB-2台車(元伊那電気鉄道デ203用)。
後年の電気機関車転用に伴う改造が多少あるが、ブリル社純正品の証であるトラニオンとボールハンガー機構が残されている。

Master Car-Builders Associationの基準に準拠して設計された高速電車用釣り合い梁式台車。型番のMCBはこれを示し、サフィックスの数字はARA規格での輪軸寸法の大小を表し、数字が大きいほど大荷重対応となる。また、末尾に付されたXは、同じ数字のモデルでも通常規格のものより大荷重対応の輪軸を装着していることを示す。なお、日本では輸入あるいはライセンス生産された1・2・2X・4Xの各モデルが使用された。

27MCB-2
27MCB-4X
  • 新京阪鉄道P-6形電車 - 日本製鋼所のライセンス製品で、高速電車用としては唯一の存在。後に両抱き式のブレーキに改造したため、ブレーキてこが台車枠の外に飛び出した特異な外観となった。

39E[編集]

27GEのマキシマム・トラクション台車版。

  • 大阪市電601形電車
39E-2

76E[編集]

低床車用2軸ボギー台車。77Eと姉妹機種で、主電動機装架位置の相違で型番が区分された。76Eは主電動機を2つの車軸の外側に装架する構造で、短軸距が求められる路線向けに供給された。(写真)[4]

76E-1

77E[編集]

76Eの姉妹機種にあたる低床車用2軸ボギー台車。主電動機を2つの車輪の間に装架する構造となっており、大型の路面電車や一部の高速電車に採用された。

77E-1

79E[編集]

低床車用2軸単台車。空気制動が容易に設置できる構造になっていた。

  • 横浜市電500形電車
  • 大阪市電701形電車

脚注[編集]

  1. ^ 21E『電車機械器具図解』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  2. ^ 22E『電車機械器具図解』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  3. ^ 27GE-1『電車機械器具図解』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  4. ^ 76E『電車機械器具図解』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)

参考文献[編集]

  • 交友社鉄道ファン』1962年7月号(通巻13号)
  • 市電50年のあゆみ 函館市交通局50年誌編さん委員会 1957年