ブリジット・リン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブリジット・リン林 青霞、Brigitte Lin、Lín Qīngxiá, 1954年11月3日 - )は、台湾出身の女優

略歴[編集]

嘉義市出身。1972年にスカウトされ、1973年に映画デビュー。台湾映画の青春スターとなり、1975年の『八百壮士』ではアジア太平洋映画祭最優秀主演女優賞を獲得。台湾で50本以上の文芸映画に出演した後、1979年に渡米。米国でパトリック・タム監督の『愛殺』に出演する。

ツイ・ハーク監督の熱心な説得で1984年には『蜀山奇傅 天空の剣』に出演し、香港に居を移す。ジャッキー・チェン監督・主演の『ポリス・ストーリー/香港国際警察』(1985年)などに出演した後、ツイ・ハーク監督の『北京オペラブルース』(1986年)に出演。男装の麗人を演じた。1990年の『レッドダスト』では金馬奨の最優秀主演女優賞を受賞。

また、『ドラゴン・イン』(1992年)、『スウォーズマン/女神伝説の章』(1992年)、『楽園の瑕』(1994年)などでも男装のハマリ役を演じており、特に『スウォーズマン/女神伝説の章』での東方不敗役は彼女の代表作であり、“男装の麗人”を演じさせれば右に出るものがないと言われる。以後は、『キラーウルフ 白髪魔女伝』(1993年)など武侠映画への出演が急増。

1994年には、『恋する惑星』『楽園の瑕』など、ウォン・カーウァイ監督の映画にも出演したが、その後は結婚を機に実質的に引退状態となっている

主な出演作品[編集]

映画[編集]