ブリジット・モネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブリジット・モネ
Bridgette Monet
本名 Dana Kunath
別名 Sarah Hampshire
Dana Cannon
Diana Diamond
生年月日 1959年6月28日(55歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州
ハンティントンビーチ
民族 コーカソイド
活動期間 1980年 - 1980年代後半

ブリジット・モネ Bridgette Monet(本名Dana Kunathカリフォルニア州ハンティントンビーチ出身。1959年6月28日 - )は、1980年から1980年代後半まで活躍したアメリカ合衆国ポルノ女優

人物[編集]

黒髪にブラウンの目のモネは、ポルノ映画界で最も魅力的な女性の1人とみなされていた。豊かな自然の胸を持ち、背が高く(178cm)、細身だった。彼女のアダルト業界での職歴は、ヌードモデルから始まり、1980年と1981年に何作かのスウェディッシュ・エロチカシリーズの短編映画に出演した。彼女の封切り映画での初主演は、1982年の『I Like To Watch[1]。彼女は男女、レズビアンの両方のセックスシーンを演じた。レズビアンシーンは、巨乳女優リサ・デリューと演じられた。(「ブリジット・モネとリサ・デリューがアメリカの全てのおっぱい好き男性を惹き付けるのでないならば、それは成熟した胸文化ではない。」と、Screw Magazine誌の論評家に言わしめた[2]。)彼女のポルノ歴での男性との絡みは(彼女のファンを悔しがらせたが)大部分は現実のボーイフレンド、デビッド・キャノンと演じられた[1]

モネはまた、初の「女性だけが出演する」成人向け映画『Girls that Love Girls 』(1984)にリトル・オーラル・アニー、バニー・ブルー、ステイシー・ドノバン、リサ・デリューと共に主演した[3]

モネはPLAYBOY誌の1984年3月号を飾り(ケン・マーカス撮影)、更に一般からの注目を集めた。この記事で、彼女は「ポルノのプリンセス」と紹介され、記事のタイトルは「Playing Doctor」だった[4]

モネはポルノの仕事を続けながら、医学を学ぶためにカリフォルニア州立大学ロングビーチ校に通い始めた。ポルノからの引退後、彼女はサンディエゴに戻り、家族を養っている[5]

出演作の一部[編集]

  • Bridgette Monet Collection 』 (2005年)
  • Best of Backdoor Bangers 』 (1991年)
  • 『ジンジャー・リンのビバリーヒルズCOX』 Beverly Hills Cox (1986年)
  • Letters of Love 』 (1985年)
  • 『クィーン・カップ/豊満』 Bodacious Ta Ta's (1984年)
  • 『エロ・カクテル/淫肉美人』 Sorority Sweethearts (1983年)
  • Swedish Erotica Superstars Featuring Bridgette Monet 』 (1983年)
  • 『もっと汚い行為(こと)をして』 Talk Dirty to Me, Part II (1982年)
  • Golden Girls 4 』 (1982年)
  • Swedish Erotica 15: Roaring Fire Within 』 (1981年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]