ブリザード・オブ・オズ〜血塗られた英雄伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブリザード・オブ・オズ〜血塗られた英雄伝説
オジー・オズボーンスタジオ・アルバム
リリース 1980年9月20日
録音 1980年3月22日 - 4月19日
ジャンル ヘヴィメタル
時間 39分06秒
レーベル ジェット・レコード
プロデュース オジー・オズボーン、ランディ・ローズボブ・デイズリーリー・カースレイク
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 7位(イギリス[1]
  • 21位(アメリカ[2]
  • 47位(ニュージーランド[3]
オジー・オズボーン 年表
ブリザード・オブ・オズ〜血塗られた英雄伝説
(1980年)
ダイアリー・オブ・ア・マッドマン
(1981年)
テンプレートを表示

ブリザード・オブ・オズ〜血塗られた英雄伝説』(原題:Blizzard of Ozz)は、オジー・オズボーン1980年に発表したスタジオ・アルバム

解説[編集]

ブラック・サバス脱退後、オズボーンはランディ・ローズ(元クワイエット・ライオット)、ボブ・デイズリー(元レインボー)、リー・カースレイク(元ユーライア・ヒープ)といったメンバーを迎えた自身のバンドを結成して、ソロ名義では初の作品となる本作を発表した。

ローズのギター演奏は高く評価され、音楽評論家のSteve Hueyはallmusic.comにおいて「ヴァン・ヘイレンのファースト・アルバムと並び、1980年代のメタル・ギターの基本となった」「クラシック・ギターのテクニックと音階を応用することで、エディ・ヴァン・ヘイレンと同様、徹底的にルールブックを書き換えた」と評している[4]。また、『Guitar World』誌が選出した「100 Greatest Guitar Solos」では、「クレイジー・トレイン」のギター・ソロが9位に[5]、「ミスター・クロウリー<死の番人>」のギター・ソロが28位に達した[6]

本作からの第1弾シングル「クレイジー・トレイン」は、全英シングルチャートで49位[7]ビルボード誌のメインストリーム・ロック・チャートで9位に達した[8]。第2弾シングル「ミスター・クロウリー」は全英46位に達した[7]

2002年に発売されたリマスター盤では、シングル「クレイジー・トレイン」のカップリング曲「ユー・ルッキン・アット・ミー、ルッキン・アット・ユー」がボーナス・トラックとして追加収録されたのに加えて、ベースドラムスのパートが、当時オズボーンのバンドに在籍していたロバート・トゥルージロマイク・ボーディンの演奏に差し替えられた。

2011年発売の「レガシー・エディション」では、計3曲のボーナス・トラックが収録され、また、ベースとドラムスのトラックもデイズリーとカースレイクの演奏に戻された[9]

収録曲[編集]

特記なき楽曲はオジー・オズボーン、ランディ・ローズボブ・デイズリーの共作。4.はインストゥルメンタル

  1. アイ・ドント・ノウ - I Don't Know - 5:16
  2. クレイジー・トレイン - Crazy Train - 4:56
  3. グッバイ・トゥ・ロマンス - Goodbye to Romance - 5:35
  4. ディー - Dee (Randy Rhoads) - 0:49
  5. スーサイド・ソリューション<自殺志願> - Suicide Solution - 4:18
  6. ミスター・クロウリー<死の番人> - Mr. Crowley - 5:02
  7. ノー・ボーン・ムービーズ - No Bone Movies (Ozzy Osbourne, R. Rhoads, Bob Daisley, Lee Kerslake) - 3:52
  8. レヴェレイション(マザー・アース)<天の黙示> - Revelation (Mother Earth) - 6:09
  9. スティール・アウェイ(ザ・ナイト) - Steal Away (The Night) - 3:28

2002年リマスター盤ボーナス・トラック[編集]

  1. ユー・ルッキン・アット・ミー、ルッキン・アット・ユー - You Lookin' at Me, Lookin' at You - 4:14

2011年レガシー・エディション盤ボーナス・トラック[編集]

  1. ユー・ルッキン・アット・ミー、ルッキン・アット・ユー - You Lookin' at Me, Lookin' at You - 4:14
  2. グッバイ・トゥ・ロマンス(2010ギター&ヴォーカル・ミックス)- Goodbye to Romance (2010 Guitar & Vocal Mix) - 5:47
  3. RR - RR (R. Rhoads) - 1:13

他メディアでの使用例[編集]

  • ビデオゲーム『Guitar Hero World Tour』(2008年)で、「クレイジー・トレイン」と「ミスター・クロウリー<死の番人>」が使用された[10]
  • アメリカ映画『メガマインド』(2010年)で「クレイジー・トレイン」が使用された[11]。ただし、同作のオリジナル・サウンドトラック・アルバムには収録されていない。

参加ミュージシャン[編集]

2002年リマスター盤

脚注[編集]