ブランドン・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブランドン・ジョーンズ
Brandon Jones
ニュージャージー・ジャッカルズ #9
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国 フロリダ州パナマシティ
生年月日 1983年12月10日(30歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2003年 ドラフト24巡目
初出場 2007年9月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ブランドン・ジョーンズBrandon Lamon Jones, 1983年12月10日 - )は、カナディアン・アメリカン・リーグニュージャージー・ジャッカルズに所属する外野手。右投左打。アメリカ合衆国フロリダ州パナマシティ出身。

長年ブレーブスを支えていたアンドリュー・ジョーンズチッパー・ジョーンズと共に先発メンバーに名を連ねる際、「ABCジョーンズ」がそろうと話題になった。

経歴[編集]

2003年6月3日に、アトランタ・ブレーブスからドラフト23巡目で指名を受けたが年内に選手契約を結ばず、翌2004年5月18日に契約を交わした。プロ入り後は早速、マイナーリーグのルーキー級のチームに所属し、57試合で打率.297という数字をマークした。

2005年は、ルーキー級2チーム、A-級1チーム、A+級1チームの計4チームでプレイ。合わせて64試合の出場で、.300以上の打率と.500を超える長打率を記録した。

2006年は、打率こそ.264まで低下したものの、AA級でプレイする機会にも恵まれ、107試合で14本塁打・15盗塁と、本塁打と盗塁の両部門で自身初の2ケタをクリアした。

2007年は、AA級及びAAA級の2チームで打率.295・19本塁打・100打点・17盗塁という素晴らしい数字をマークし、9月16日にメジャーデビューを果たした。この年はわずか5試合にしか出場せず、打率も.158にとどまったが、3安打で4打点を記録した。

2008年になると、出場機会が大幅に増加。41試合に出場して、打率.267・1本塁打・17打点・1盗塁という数字を残した。また、守備面では、センターを除く外野の両翼を守った。

2009年は、再び出場試合数が5試合まで激減したが、限られた出場機会で.300以上の打率を記録した。

2010年1月12日にDFAとなり、1月19日ピッツバーグ・パイレーツに移籍。8月2日ジェイソン・ベックとのトレードでデトロイト・タイガースに移籍した。11月6日にFAとなった。

2011年1月4日ミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約を結んだ。シーズン途中にはアトランティックリーグランカスター・バーンストーマーズでもプレーした。

2012年アメリカン・アソシエーションカンザスシティ・ティーボーンズに入団。

2013年7月4日カナディアン・アメリカン・リーグニュージャージー・ジャッカルズと契約した。

外部リンク[編集]