ブランデンブルクのおうこつ座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・ボーデの星図に描かれたブランデンブルクのおうこつ座(左端)

ブランデンブルクのおうこつ座またはブランデンブルクのおうしゃく座(ブランデンブルクのおうこつざ、ブランデンブルクの王笏(王杓)座、Sceptrum Brandenburgicum)は、1688年ドイツの天文学者ゴットフリート・キルヒが作った星座の1つ。今でいううさぎ座エリダヌス座の一部にあたる。

ブランデンブルク選帝侯が用いていた王笏(王杓)を元にした星座で、同年に即位したフリードリヒ3世(のちのプロイセンフリードリヒ1世)のために作られたものと思われる。現在のエリダヌス座53番星は、この星座に含まれていた星の中でもっとも明るいことから「スケプトルム」という名でも呼ばれる。

参考資料[編集]