ブランチ (B級駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Blanche (H47) IWM FL 2352.jpg
艦歴
発注
起工 1929年7月31日
進水 1930年5月29日
就役 1931年2月19日
退役
その後 1939年11月13日に戦没
除籍
性能諸元
排水量 基準 1,360トン、満載 1,790トン
全長 98.40 m
全幅 9.83 m
吃水 3.73 m
機関 アドミラリティ・ボイラー3基、パーソンズ式蒸気タービン2基2軸推進、34,000 shp
最大速 35.25ノット (65,3 km/h)
航続距離 4,800カイリ(15ノット時)
乗員 138名
兵装 4.7インチ砲4門
2ポンド対空砲2門 
21インチ魚雷発射管8門

ブランチ (HMS Blanche, H47) はイギリス海軍駆逐艦B級。1939年11月に触雷沈没し、第二次世界大戦中最初に失われたイギリス海軍駆逐艦となった[1]

艦歴[編集]

ホーソン・レスリー社で建造。1929年7月31日起工[2]。1930年5月29日進水[2]。1931年2月19日就役[2]

ブランチは最初、同型艦と共に本国艦隊に所属した。だが、より近代的な駆逐艦が多数就役してきたことから、ブランチは1939年には予備艦隊に編入された。第二次世界大戦が始まると現役に復帰し、イギリス周辺での船団護衛やドーバー海峡の哨戒などに従事した。

1939年11月10日、ハンバーからポーツマスへ向かう敷設巡洋艦アドヴェンチャー護衛のため、ブランチと駆逐艦バシリスクドーバーからハンバーへ向かうよう命じられた[3]。途中天候不良のため遅れが生じたが、11月12日9時半に2隻の駆逐艦はアドベンチャーを護衛してポーツマスへ向け出発した[3]。12月13日5時過ぎにテムズ川河口付近でアドヴェンチャーが触雷[4]。爆発により燃料に海水が混入したことが判明したためいったん機関を停止したアドヴェンチャーだったが、8時7分までには問題は解決された。その少し後の8時10分、今度はブランチが触雷した[5]。ブランチは現場に派遣された曳船Fabiaにより曳航されてシアネスへ向かったが、9時50分に大きく傾斜し立て直すことはできなかった[5]。乗員はFabiaなどによって救助された。死者は2名[5](1名[6])、負傷者は12名[5](15名[6])であった。

機雷はドイツ駆逐艦ヴィルヘルム・ハイドカンプヘルマン・キュンネハンス・リューデマンカール・ガルスターによって敷設されたものであった[7]

脚注[編集]

  1. ^ 第二次大戦駆逐艦総覧, pp99-100
  2. ^ a b c 第二次大戦駆逐艦総覧, pp99
  3. ^ a b Naval Warfare in the English Channel 1939-1945, p.3
  4. ^ Destroyers Down, p.7
  5. ^ a b c d Naval Warfare in the English Channel 1939-1945, p.4
  6. ^ a b Destroyers Down, p.9
  7. ^ 第二次大戦駆逐艦総覧, pp100

参考文献[編集]

  • M.J.ホイットレー、『第二次大戦駆逐艦総覧』、岩重多四郎 訳、大日本絵画、2000年、ISBN 4-499-22710-0
  • Peter C. Smith, Naval Warfare in the English Channel 1939-1945, Pen & Sword Books, 2007, ISBN 978-1-844155-80-4
  • Arthur S. Evans, Destroyers Down: An Account of HM Destroyers Losses 1939-1945, Pen & Sword Maritime, 2010, ISBN 978-1-84884-270-0

外部リンク[編集]