ブラボー火星人2000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラボー火星人2000
My Favorite Martian
監督 ドナルド・ペトリ
脚本 シェリー・ストナー
ディアンナ・オリヴァー
製作 ジェリー・レイダー
ロバート・シャピロ
マーク・トベロフ
製作総指揮 バリー・ベルナルディ
出演者 クリストファー・ロイド
ジェフ・ダニエルズ
エリザベス・ハーレイ
音楽 ダニー・エルフマン
ジョン・デブニー
撮影 トーマス・E・アッカーマン
編集 マルコム・キャンベル
配給 アメリカ合衆国の旗 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年2月12日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $65,000,000[1]
興行収入 $36,850,101[1]
テンプレートを表示

ブラボー火星人2000』(原題: My Favorite Martian)は、1999年アメリカで製作されたSFコメディ映画日本では劇場公開されずビデオスルーになった。1960年代のアメリカ海外ドラマブラボー火星人』の映画化作品。

ストーリー[編集]

ある日、冴えないテレビプロデューサーのティムは、仕事の失敗から局を解雇されてしまう。落ちこむ彼だったが、その帰り道、空から何かが墜落してくるのを目撃する。彼は墜落現場に向かうも、そこには残骸などはなく、小さな宇宙船の玩具のような物しか落ちていなかった。彼は不思議に思いながらも、その玩具を持って家に帰るのだったが、彼を追ってきた何者かが家に忍び込んでくる。その何者かこそ、墜落した宇宙人本人であり、ティムが持ち帰った玩具は本物の宇宙船で、それを取り戻しにやって来たのだった。宇宙人はティムから宇宙船を取り戻すも、宇宙船は故障してしまっており、修理のために地球にしばらく留まることにするのだった。それを聞いたティムは、宇宙人に一緒に暮らさないかと提案する。宇宙人との共同生活を内緒で隠し撮りして、それをネタに局への復帰を企てたのだ。提案を承諾した宇宙人は、ティムの遠縁の伯父マーティン(マーシャンのもじり)として地球で暮らすことになるが、文化の異なる星から来た彼は行く先々で衝動を起こしてしまう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
マーティン クリストファー・ロイド 青野武
ティム・オハラ ジェフ・ダニエルズ 堀内賢雄
ブレース・チャニング エリザベス・ハーレイ 沢海陽子
ズートの声 ウェイン・ナイト 岩崎ひろし
リジー ダリル・ハンナ 湯屋敦子
コーライ ウォーレス・ショーン 緒方賢一
ブラウン クリスティーン・エバーソール 一城みゆ希
アーミタン レイ・ウォルストン 小島敏彦
チャーニング局長 マイケル・ラーナー 藤本譲

スタッフ[編集]

  • 監督:ドナルド・ペトリ
  • 製作:ジェリー・レイダー、ロバート・シャピロ、マーク・トベロフ
  • 製作総指揮:バリー・ベルナルディ
  • 脚本:シェリー・ストナー、ディアンナ・オリヴァー
  • 撮影:トーマス・E・アッカーマン
  • 音楽:ダニー・エルフマンジョン・デブニー

参考文献[編集]

  1. ^ a b My Favorite Martian”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年2月15日閲覧。

外部リンク[編集]