ブラッド・メルドー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラッド・メルドー
ブラッド・メルドー(2001年)}
ブラッド・メルドー(2001年)
基本情報
出生 1970年8月23日(44歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フロリダ州ジャクソンビル[1]
ジャンル ジャズ
職業 ピアニスト作曲家
担当楽器 ピアノ
活動期間 1993年 -
レーベル ワーナー・ブラザーズ・レコード
ノンサッチ・レコード
共同作業者 ジョシュア・レッドマンチャーリー・ヘイデンパット・メセニーウェイン・ショーター
公式サイト www. bradmehldau.com

ブラッド・メルドーBrad Mehldau, 1970年8月23日 - )はアメリカジャズミュージシャンピアノ奏者、作曲家。

来歴[編集]

アメリカ合衆国フロリダ州生まれ。ニューヨークのニュー・スクールで学んでいた折に、ジミー・コブのバンドで演奏する[1]

ジョシュア・レッドマンのバンドで活動した後、1995年にワーナー・ブラザーズ・レコードとの契約を得てバンド・リーダーとしてデビュー。また、チャーリー・ヘイデンウェイン・ショーター等とも共演。2001年公開のフランス映画『ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール』の音楽も担当した[2]

2003年2月15日に東京で行われたピアノ・ソロ公演の模様は、メルドーのリーダー作としては初となるライブ・アルバム『Live in Tokyo』(2004年)として発売された。2005年12月にはパット・メセニーとレコーディング・セッションを行い、その時の録音は、翌2006年に2人の連名のアルバム『メセニー・メルドー』として発表された[3]

ロックの楽曲を積極的にレパートリーに取り入れることでも知られ、ニック・ドレイクポール・サイモンレディオヘッドビートルズオアシスサウンドガーデン等のカヴァーをレコードやライブで演奏してきた。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • Introducing Brad Mehldau (1995)
  • The Art of the Trio (1996)
  • The Art of the Trio II — Live At The Village Vanguard (1997)
  • The Art of the Trio III — Songs (1998)
  • Elegiac Cycle (1999)
  • The Art of the Trio IV — Back At The Vanguard (1999)
  • Places (2000)
  • The Art of the Trio V — Progression (2001)
  • Largo (2002)
  • Anything Goes (2004)
  • Live in Tokyo — Solo Piano (2004)
  • Day is Done (Trio) (2005)
  • House on Hill (Trio) (2006)
  • Live (Trio) (2008)
  • Highway Rider (2010)
  • Live in Marciac (2011)
  • Ode (2012)

パット・メセニーとの連名[編集]

  • Metheny/Mehldau (2006)
  • Metheny Mehldau Quartet (2007)

脚注[編集]

外部リンク[編集]