ブラッグの法則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブラッグの法則 (Bragg's law) は、X線の回折反射についての物理法則ヘンリー・ブラッグローレンス・ブラッグの父子によって発見された。

結晶のように周期的な構造を持つ物質に対して、ある波長のX線をいろいろな角度から照射すると、ある角度では強いX線の反射が起こるが、別の角度では反射がほとんど起こらないという現象を観測できる。

これは物質を構成する原子により散乱されたX線が、結晶構造の繰り返しによって強めあったり、打ち消しあったりするためである。ブラッグの法則は、X線の波長、結晶面の間隔、および結晶面とX線が成す角度の間の関係を説明する。

結晶内部におけるX線と原子との相互作用
Loi de bragg.png


ブラッグの法則は結晶構造の解析に用いられている。

ブラッグの条件[編集]

次の関係式をブラッグの条件と呼ぶ。

2d\sin\theta=n\lambda

ここで、d は結晶面の間隔、θ は結晶面とX線が成す角度、λ はX線の波長、n は整数である。この条件が満たされているとき、X線は回折(反射)される。

光路差による説明[編集]

光路差と波長の長さの関係により、散乱したX線が同位相、逆位相になり、干渉が起きる。

関連項目[編集]