ブラック・ボックス 〜記憶の罠〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラック・ボックス 〜記憶の罠〜
La boîte noire
監督 リシャール・ベリ
脚本 リシャール・ベリ
エリック・アスス
原作 トニーノ・ブナキスタ
製作 ミシェル・フェレ
製作総指揮 リュック・ベッソン[1]
ピエランジュ・ル・ポギャム[1]
出演者 ジョゼ・ガルシア
マリオン・コティヤール
音楽 ナサニエル・メカリー
撮影 トマ・ハードマイアー
編集 リサ・ファイファー
製作会社 ヨーロッパ・コープ
Canal+
TPS Star
Sofica Europacorp
TF1 Films Production
配給 フランスの旗 ヨーロッパ・コープ
公開 フランスの旗 2005年11月2日
上映時間 90分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

ブラック・ボックス 〜記憶の罠〜』(ブラック・ボックス きおくのわな、原題: La boîte noire)は、トニーノ・ブナキスタの短編小説を原作とし、2005年に公開されたフランスサスペンス映画

日本では劇場未公開だが、2009年5月8日DVDが発売された。

ストーリー[編集]

アルチュール・セリグマンは運転中に事故を起こす。シェルブールの病院で昏睡状態から目が覚めると、自分が何故シェルブールに来たのか、最近の記憶を失っていた。しかも自分の記憶では自転車に乗った少年をはねたはずが、担当看護師イザベルからそんな少年はいないと言われる。

退院の日、アルチュールはイザベルから昏睡中にうわ言で発した言葉を記録したというメモを受け取る。そこには「シルヴァン・ガネムに殺される」「RP50」「テキサスは存在しない」などの謎の言葉が。

退院したアルチュールは、兄イヴァンに連絡が取れないことを不審に思い、イヴァンのアパートに行くと、彼が10日ほど前から行方不明になっていることを知る。 イザベルからもらったメモに記された言葉に全ての謎を解く鍵があると感じたアルチュールは調査を始めるが…。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b La boîte noire (2005) - Full cast and crew” (英語). IMDb. 2012年4月27日閲覧。

外部リンク[編集]