ブラック・スネーク・モーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラック・スネーク・モーン
Black Snake Moan
監督 クレイグ・ブリュワー
脚本 クレイグ・ブリュワー
製作 ステファニー・アレイン
ジョン・シングルトン
製作総指揮 ロン・シュミット
出演者 サミュエル・L・ジャクソン
クリスティーナ・リッチ
音楽 スコット・ボマー
撮影 アメリア・ヴィンセント
編集 ビリー・フォックス
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント・ヴァンテージ
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年12月9日(限定)
アメリカ合衆国の旗 2007年3月2日(拡大)
日本の旗 2007年9月1日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $10,903,846[1]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $9,396,870[1]
テンプレートを表示

ブラック・スネーク・モーン』(Black Snake Moan)は、2006年アメリカ映画

ストーリー[編集]

アメリカ南部の片田舎。そこに住む初老の農夫ラザラスは、過去にブルース・ミュージシャンとして活躍していたが、現在は敬虔なクリスチャンとして教会に通う毎日を送っていた。だが、彼の妻はそんな彼に愛想を尽かし、彼の弟と関係を持って家から出ていってしまった。それが原因で心に孤独を抱える彼は、ある朝、道端に血まみれで倒れている半裸の女性を発見する。彼女の名はレイ。幼少時に受けた虐待トラウマから、現在はセックス依存症になってしまっていた。彼女は前の晩、彼氏のロニーが新兵訓練所に入隊した寂しさを紛らわすために、パーティで酒とドラッグに溺れた挙句、ロニーの友人を侮辱したことで酷い暴力を受け、道端に捨てられてしまったのだった。ラザラスはレイを自宅まで連れて帰り、手厚く介抱する。そして彼女が心に深い闇を抱えていることを見抜くのだった。ラザラスはレイを救うことこそが自らの使命だと信じ、自分なりの治療法を試すことにする。早速彼は彼女をで繋ぎ、部屋に監禁する。レイはそんな彼を激しく罵倒するが、治療を続けていくうちに心に変化が生じていく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ラザラス サミュエル・L・ジャクソン 手塚秀彰
レイ クリスティーナ・リッチ 小林沙苗
ロニー ジャスティン・ティンバーレイク 浪川大輔
アンジェラ S・エパサ・マーカーソン 西宏子
R.L. ジョン・コスラン・Jr 宝亀克寿
ギル マイケル・レイモンド=ジェームズ 最上嗣生
サンディ キム・リチャーズ
本人役 サン・ハウス(記録映像) 大塚周夫

出典[編集]

  1. ^ a b c Black Snake Moan”. Box Office Mojo. 2011年12月28日閲覧。

外部リンク[編集]