ブラック・ジュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブラック・ジュー: Black Jews)とは、いくつかの宗派と民族グループに属する人々を指す名称である。黒いユダヤ人黒人のユダヤ人などという意味であるが、あくまで肌の色が濃褐色であるという外見だけによる分類であり、また様々な集団に適用されることがあるので、それほど意味のある言葉とは言いがたい。例えば人種的にはオーストラロイドコーカソイドの混成的な集団と思われる1と、ブラックアフリカ出身のアフリカ人北米先住民族とヨーロッパ系白人の混成的な集団である5の間には、血統的関連はほとんどないといえる。「黒いヘブライ人」という意味のブラック・ヒーブルーBlack Hebrews)ともいう。

  1. インドスリランカの最も古い層のユダヤ人。同じ地域に住む肌の色が薄いユダヤ人(ホワイト・ジュー、白いユダヤ人)と対比して「黒いユダヤ人」と呼ばれる。→コーチン・ユダヤ人ベネ・イスラエルボンベイ・ユダヤ人
  2. エチオピアファラシャベタ・イスラエル) Beta Israel
  3. 南部アフリカレンバ族 Lembas
  4. ウガンダアバユダヤ(改宗者) Abayudaya
  5. アフリカ系アメリカ人のユダヤ教徒(ユダヤ教徒の直系子孫および改宗者)
  6. その他の改宗者(仮定)

5について詳説。

近代以降、アメリカ大陸でユダヤ教と接触した黒人の中にユダヤ教を受け入れるものが出たが、正式な改宗の手続きを経ない場合が多い。いくつかのグループがある。

最初の運動は、1886年テネシー州チャタヌーガで「全民族のための真理の真柱・生ける神の教会」が発足したのが最初。このグループは、ヤコブは黒人であったとし、改宗手続きの必要性はない、としている。これらの主張は、その他の類似の事例とも比較できる(cf.ラスタファリ運動、黒人のマリア、黒人のイエス・キリスト...)。アメリカや、その他の世界での、黒人の権利向上運動とも無縁ではない。

「黒いヘブライ人」(Black Hebrews)と呼ばれるグループが1970年代に、リベリア(アメリカの黒人奴隷が帰還して建国した国)に定住しようとする動きがあったが失敗し、その後イスラエルに移住し、ネゲヴ砂漠のディモナに定住した。しかしイスラエルのラビ当局はこのグループをユダヤ人とは認めていない。

このような極端なグループから、ユダヤ教のハラハーに副った改宗をする者まで、様々である。

なお、ユダヤ人とアフリカ系アメリカ人は両方ともディアスポラの民であると呼ばれることがあり、奴隷制の犠牲となった先祖を持つという共通点がある。

有名な黒人のユダヤ教徒[編集]