ブラック・ケトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャイアン族のモケタヴァト(ブラックケトル)酋長

ブラック・ケトル(Black KettleMo'ôhtavetoo'o, 1813年 - 1868年11月26日)は、アメリカインディアンシャイアン族のウタパイ・バンドの酋長(チーフ)。

人物[編集]

本名のモケタヴァト(Mo'ôhtavetoo'o)は「黒い薬缶」というような意味なので、「ブラックケトル」と英訳名がついた。ブラックケトルは、シャイアン族の非常に慎重で温厚な酋長で、白人との対立を望まず、和平を結びたがった老賢者だった。

アメリカインディアンの社会は、完全合議制民主主義であり、「首長」や「族長」のような権力者は存在しない。白人が「指導者」だと思っている「酋長」(チーフ)は、実際には「調停者」であって、「部族を率いる」ような権限は持っていない。インディアンはすべてを合議で決定するのであって、個人の意思で部族が方針を決定するというような社会システムではない。

しかし白人たちは、インディアンとの条約交渉の際に、「酋長」を「代表」、「指導者」だと勘違いして、彼らと盟約することによって全部族員を従わせようとした。しかしこれは全くの思い違いであり、酋長は和平の提案はするだろうが、それはあくまで調停であって、部族民を従わせたり、強制するような立場ではない。そんな立場はインディアンの社会には存在しないのである。

ブラック・ケトルたちウタパイ・バンドは1851年ララミー砦条約で合衆国がウタパイ・バンドに対して「シャイアン族の領土である」と保証した、西カンザスから東コロラドの土地で、バッファローを追って暮らしていた。シャイアン族を妻に持ち、彼らの野営近くにインディアン相手の交易所ベント砦を開いていた、白人交易業者のウィリアム・ベントとは特に友好が深かった。

サンドクリークの虐殺[編集]

9月28日、デンバーでの和平会談に出席したブラックケトルたち

1864年9月28日、コロラド準州デンバーにある米軍のウェルド基地で、周辺のシャイアン族カイオワ族アラパホー族インディアン酋長と、コロラド準州のジョン・エバンズ知事、ジョン・チヴィントン大佐ら、同地の白人高官との和平会談が開かれた。

酋長たちは一台の馬車でデンバーの町にやって来た。周辺では苛烈なインディアンと白人の殺し合いが続いていたが、デンバーの白人たちの何人かは家の外まで出てきて彼らを出迎えた。ブラック・ケトルはホワイトアンテロープ、ラーンベアーリトルウルフ、トールベアーの4酋長と同席した。

和平協議では、インディアンによる襲撃について白人側から抗議が出され、シャイアン族の酋長の一人ブラックケトルは白人たちに対し、「自分は心から白人との平和を願っているし、血気にはやる若い戦士たちを抑えられなかったことは残念に思う。今後そういうことのないよう、出来るだけ努力する」と答えた。

白人はブラックケトルを「大指導者」だと勘違いしているから、彼個人の意思がシャイアン族の総意だと思い込んでいる。ブラックケトルは「調停者」として「最大限の努力」を約束しているのだから、これ以上の要求はもはや無理難題でしかないのだが、白人たちにはこれが全く理解できなかった。

彼ら酋長たちは、彼らのバンド(集団)を説得して、実際に以後アーカンソー川沿いの米軍のライアン基地近くへ異動させた。駐屯地の白人指揮官らは彼らに食糧を与え、「どこか遠くの狩りで暮らせる場所へ移れ」と命令した。ブラックケトルの属するシャイアン族の集団は、サンドクリークの湾曲する流れのそばにティーピーを建て、野営を築いた。ブラックケトルとホワイトアンテロープらは彼らの部族員と協議を行った。交戦派の意見が優勢だったが、一部は和平派のブラックケトルに賛同し、この和平派の野営に残った。

1864年11月28日、米軍のジョン・チヴィントン大佐は協定を破り、第三連隊700人を率いてブラックケトル達のティーピー野営地を襲撃し、逃げまどう女、子供を含む無抵抗のウタパイ・バンドを大量虐殺した(サンドクリークの虐殺)。ブラックケトルは妻とともに、何とかこの虐殺から生き延びることが出来た。

メディシンロッジ条約[編集]

1867年、それでも和平の望みを捨てなかったブラック・ケトルは、「メディシンロッジ条約」に調印する。「メディシンロッジ条約」は、現在のカンザス州バーバー郡メディシンロッジカイオワ族コマンチ族カイオワ・アパッチ族、シャイアン族、アラパホー族ら平原インディアン部族と結んだ条約で、先ず10月21日にカイオワ族、コマンチ族と、次に10月28日にカイオワ・アパッチ族と、さらに同日にシャイアン族、アラパホー族とそれぞれ結んだもの。この条約で、インディアンの保留地が細かく決められた。

この条約における「署名」とは、文字を持たないインディアンに「×印」を書かせる、というものである。酋長は「調停者(ピースメイカー)」であり、「部族長」でも「代表」でもないのだが、白人は酋長のこの「×印」を部族員すべての総意と解釈している。

ブラックケトルはウタパイ・バンドの「ピースメイカー」として、白人と和平について努力を約束するだろうが、ウタパイ・バンドのなかの交戦派戦士はブラックケトルの意見に従う義務も必要もない。インディアンの社会に「命令する」という文化は無いからである。また、ウタパイ・バンド以外のシャイアン族にも、当然ブラックケトルに従う義務はない。シャイアン族の戦士たちは侵略者との戦いをやめなかった。

しかし、白人は「ブラックケトルがちゃんと命令しないからシャイアン族がいつまでも白人にたてつくのだ」、と思っている。サンドクリークの虐殺では、ホワイトアンテロープら、二人の酋長(チビントンや白人たちには大指導者に見えている)を首尾よく殺害している。ブラックケトルを「大指導者」と勘違いしている白人たちは、彼の抹殺を謀った。

ワシタ川の虐殺[編集]

1868年11月26日の夜明け頃、現在のオクラホマ州シャイアンの2マイル西にあるワシタ川の川岸で、他のシャイアン族から若干離れた場所に野営していたブラックケトル達は、ジョージ・アームストロング・カスター中佐指揮下の第7騎兵隊によって不意打ちの襲撃を受ける(ウォシタ川の戦い)。

この時、彼のティピーには白旗が掲げられていた。彼は必死に「友達だ! 友達だ!」と叫んだが、それは無視され、最新鋭の軽機関銃で蜂の巣となり、死亡した。野営地の虐殺された人々のほぼ全員が、無抵抗な女・子どもであった。

関連項目[編集]