ブラックバード (ビートルズの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラックバード
ビートルズ楽曲
収録アルバム ザ・ビートルズ
リリース 1968年11月22日
録音 1968年6月11日
ジャンル フォークソング
時間 2分18秒
レーベル アップル・レコード
パーロフォン
EMI
作詞者 レノン=マッカートニー
作曲者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
その他収録アルバム

ザ・ビートルズ・アンソロジー3
バック・イン・ザ・U.S. -ライブ2002
バック・イン・ザ・ワールド
ラヴ

ザ・ビートルズ 収録曲
A面
  1. バック・イン・ザ・U.S.S.R.
  2. ディア・プルーデンス
  3. グラス・オニオン
  4. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
  5. ワイルド・ハニー・パイ
  6. ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル
  7. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
  8. ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン
B面
  1. マーサ・マイ・ディア
  2. アイム・ソー・タイアード
  3. ブラックバード
  4. ピッギーズ
  5. ロッキー・ラクーン
  6. ドント・パス・ミー・バイ
  7. ホワイ・ドント・ウイ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード
  8. アイ・ウィル
  9. ジュリア
C面
  1. バースデイ
  2. ヤー・ブルース
  3. マザー・ネイチャーズ・サン
  4. エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー
  5. セクシー・セディー
  6. ヘルター・スケルター
  7. ロング・ロング・ロング
D面
  1. レヴォリューション1
  2. ハニー・パイ
  3. サヴォイ・トラッフル
  4. クライ・ベイビー・クライ
  5. レヴォリューション9
  6. グッド・ナイト

ブラックバード(Blackbird)は、ビートルズの楽曲である。

解説[編集]

本作は、1968年に発表されたジョン・レノン/ポール・マッカートニーのナンバーである。実質上はポール・マッカートニーの単独作品だが、ジョンは「俺が詞を一節提供した」と述べている。アルバム『ザ・ビートルズ』に収録。

ジョンが「レボリューション9」のサウンドエフェクトを作成している間、別のスタジオにてポールが1人でレコーディング、32テイクの中から最後のテイクが採用された。そして、スタジオのサウンド・ライブラリーから取り出した「鳥のさえずり」をオーバーダブして完成。

アコースティックギターでの、スリーフィンガー奏法によるアルペジオと、指弾きによるストロークとの中間的な演奏が聞け、3弦開放音(G音)が通奏的に鳴り続けているのが特徴。スリーフィンガー奏法で演奏されているようにも聞こえるが、実際には親指と人差し指で[1]で演奏されている。また、「作曲中に、ギターの1弦(一番細く、一番高い音の出る弦)が切れたまま続けられた」との噂もあるが、実際には、(少なくとも最後の和音には)1弦も使用されている。打楽器のような音はメロトロン[要出典]や足のステップで出している。

歌詞は、女性を「鳥[2]」になぞらえて、「傷ついた翼のまま、夜の闇の中にある光を目指して飛んでゆく」などと描写した内容であり、ポール本人は「黒人女性の人権擁護や解放について歌った内容」と言っている。

ジャズベーシストのジャコ・パストリアスがアルバム『Word of Mouth』やライブで度々カバーしている。また、ジョージ・マーティンによるビートルズのトリビュート盤『イン・マイ・ライフ』(1998年)ではBONNIE PINKがこの曲をカバー、彼女の非公式ベスト盤『Bonnie's Kitchen #2』にも収録されている。 日本のハードロックバンドSHOW-YAもこの曲のカバーをトリビュート・アルバム『抱きしめたい』(1988年)に提供しており、、サビの部分でディストーションを使用したギターリフで曲のイメージを大きく変えている。

脚注[編集]

  1. ^ ドノヴァンは「僕がジョンにスリーフィンガー奏法を教えているのをポールが見て、スリーフィンガー奏法の指の動きを部分的に取り入れた」と述べている。
  2. ^ 日本ではわかりづらいので、単に「ツグミ」と訳されることが多い。(英国では「Blackbird」はツグミ科クロウタドリという鳥のことを指す。)