ブラックスバーグ (バージニア州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラックスバーグのダウンタウン

ブラックスバーグBlacksburg)は、アメリカ合衆国バージニア州の南西部、モントゴメリー郡にある町。アパラチア山脈の一部をなすブルーリッジ山脈ニューリバーバレーに位置する。人口は39,573人(2000年国勢調査)。そのうち約6割にあたる23,895人が大学生であると推計されている[1]

ブラックスバーグはバージニア工科大学の所在地として知られる。同校は1990年代以降、フットボールでの目覚ましい活躍によって知名度が上がっている。また、この町はインターネット利用の先進地としても知られている。

歴史[編集]

ブラックスバーグの町そのものの歴史は古く、1798年に遡ることができる。その年、ウィリアム・ブラック (William Black) によって38エーカー(約177,000m²)の土地に都市計画がなされ、この地に16ブロックの小さな町ができた。町はブラックにちなんでブラックスバーグと名付けられた。

このブラックスバーグの町域は、1748年に形成されたドレーパーズ・メドウ (Draper's Meadow) 入植地より若干北東に位置していた。この入植地は、1755年に悪名高いドレーパーズ・メドウの大虐殺 (Draper's Meadow Massacre) が起こった地である。1772年、ウィリアム・プレストン大佐はこのドレーパーズ・メドウの跡地にスミスフィールド・プランテーションを開園した。このプランテーションは、現在バージニア工科大学のキャンパス内にある池、ダック・ポンド (Duck Pond) の近くにあった。

1872年にはバージニア工科大学が開学した。1970年代、バージニア工科大学が町域に合併されたことによって、1970年に9千人であった人口は1980年には3万人へと3倍に増えた。これによって、ブラックスバーグは、独立市以外では州内最大の人口を抱える町となった。

地理[編集]

バージニア工科大学

ブラックスバーグは、北緯37度13分48秒西経80度25分4秒(37.229874, -80.417694)のアパラチア山中に位置し、標高は634mである。

アメリカ合衆国国勢調査局によると、ブラックスバーグは総面積50.2km²(19.4mi²)である。このうち50.1km²(19.4mi²)が陸地で、総面積の0.10%にあたる0.1km²(0.04mi²)が水域である。

ブラックスバーグで最も高い建物は、バージニア工科大学の寮のひとつで12階建てのスラッシャー・タワー(Slusher Tower)である。

バージニア工科大学のキャンパスはブラックスバーグの中心部に位置している。その西側には南北にフリーウェイが延びており、南隣のクリスチャンズバーグ州間高速道路81号線(I-81)に合流する。また、バージニア工科大学は、専用の空港を持っている(ただし定期便はなく、自家用機・チャーター機のみが離着陸する)。

人口動静[編集]

ブラックスバーグの人口動静はバージニア工科大学の影響を大きく受けている。人口の6割近くが18-24歳の年齢層であり、ルームメイトと一緒に暮らしているなど「非家族世帯」に分類される世帯が全世帯の6割以上を占める。また無収入の学生が「貧困線以下」として数えられるため、ブラックスバーグの貧困率は4割を超える高い数値になっているが、スラムとは異なり、実際に貧困層が多いわけではない。このような傾向はコーネル大学大学町であるニューヨーク州イサカ市などでも見られる。さらに、工科大学という特性上男子学生が多く、そのため町の人口に占める男性の割合が高い。

統計データ[編集]

以下は2000年国勢調査における人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 39,573人
  • 世帯数: 13,162世帯
  • 家族数: 4,777家族
  • 人口密度: 789.2人/km²(2,044.2人/mi²)
  • 住居数: 13,732軒
  • 住居密度: 273.9軒/km²(709.4軒/mi²)

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 9.7%
  • 18-24歳: 57.4%
  • 25-44歳: 18.9%
  • 45-64歳: 9.2%
  • 65歳以上: 4.9%
  • 年齢の中央値: 22歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 127.0
    • 18歳以上: 129.7

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 16.3%
  • 結婚・同居している夫婦: 28.7%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 5.3%
  • 非家族世帯: 63.7%
  • 単身世帯: 26.6%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 3.7%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.37人
    • 家族: 2.79人

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 22,513米ドル
    • 家族: 51,810米ドル
    • 性別
      • 男性: 37,129米ドル
      • 女性: 24,321米ドル
  • 人口1人あたり収入: 13,946米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 43.2%
    • 対家族数: 15.9%
    • 18歳未満: 23.7%
    • 65歳以上: 6.1%

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]