ブラックエンブレム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラックエンブレム
Black Emblem 20080413P1.jpg
2008年4月13日 阪神競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2005年1月22日(9歳)
登録日 2007年
抹消日 2009年8月14日
ウォーエンブレム
ヴァンドノワール
母の父 ヘクタープロテクター
生国 日本の旗 日本北海道安平町
生産 ノーザンファーム
馬主 田原邦男
調教師 小島茂之美浦北
競走成績
生涯成績 10戦4勝
(日本国外)1戦0勝
獲得賞金 1億6434万3000円
勝ち鞍 JpnI秋華賞(2008年)
JpnIIIフラワーカップ(2008年)
テンプレートを表示

ブラックエンブレム (Black Emblem) は日本の元競走馬である。おもな勝ち鞍は2008年秋華賞フラワーカップ

馬名の由来[編集]

馬名は母馬・ヴァンドノワール(黒ワインの意)のノワール(黒)からのブラック+父の馬名の一部からとった「エンブレム」。また、2006年にレース中に死亡した半姉・ロイヤールハントの死を悼み「黒紋章」の意味である。

経歴[編集]

2歳(2007年)[編集]

2007年札幌競馬場でデビュー戦を迎えることになり7月頃に札幌競馬場の厩舎に入厩した。そして札幌競馬開幕週の8月12日の新馬戦でデビューしたがレースはサブジェクトに敗れ、5番人気の8着だった。レース後は放牧に出され、10月頃に美浦トレーニングセンターへ入厩した。11月4日に放牧明け初戦の未勝利戦を迎え4番人気でレースを制し、デビュー2戦目で初勝利を挙げた。次走は第59回阪神ジュベナイルフィリーズへの出走登録を行ったが当時1勝馬のため抽選対象となり、16頭中6頭が出走可能となる抽選に漏れ除外された。そのため同じ週に行われる自己条件の葉牡丹賞(500万下)へ出走することになり、6番人気で3着に入った。レース後は山元トレーニングセンターへ放牧に出された。

3歳(2008年)[編集]

第13回秋華賞 (2008年10月19日)

2月14日に美浦トレーニングセンターに帰厩し、3月1日のきんせんか賞(500万下)で実戦復帰を果たした。レースでは1番人気の支持に応えて4馬身差で快勝し、オープン馬となった。続く重賞初挑戦となったフラワーカップでも1番人気に支持され好スタートを決めそのまま逃げ切り、重賞初勝利を挙げた。この勝利は厩舎及び馬主にとっても重賞初勝利となった。次走は桜花賞に出走登録を行いレースが行われる前週の4月4日に栗東トレーニングセンターへ入厩して調整され本番に向かったが、見せ場なく10着に敗れた。続く優駿牝馬では4着だった。

秋初戦のローズステークスでは15着と大敗したが、10月19日の第13回秋華賞に出走すると、人気になったレジネッタトールポピーエフティマイアが馬群に沈む中、最内からスルスルと抜け出し、大外後方から突っ込んできたムードインディゴを振り切りJpnI初制覇を飾った。

4歳(2009年)[編集]

4歳となった2009年アラブ首長国連邦ドバイへ遠征することとなった。1月21日関西国際空港からドバイに向け出発、2月5日ケープヴェルディステークス(G3・ナドアルシバ競馬場)出走に向けて調整されていたが、1月28日に鼻出血を発症したことが分かった。このため、初戦に予定していたケープヴェルディステークス出走を断念することになった[1]。微量の鼻出血が見られたことで、規定により20日間、レースに出走できなくなった。その後、2月20日バランシーンステークス (G3) に目標を切り替えたが、本番のレース中に鼻出血を発症し大差の最下位に終わった[1]。帰国後は慢性化した鼻出血を投薬で抑制しながらクイーンステークスでの復帰を目標に調整を進めていたが、8月12日のダートコースでの追い切り後に鼻出血を再発[1]。これにより、現役続行を断念し8月14日付で競走馬登録が抹消され[1][2]、生まれ故郷のノーザンファームにて繁殖牝馬となる[1][2]

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名


オッズ (人気) 着順 騎手 斤量
[kg]
距離(馬場) タイム
(上り3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2007. 8. 12 札幌 2歳新馬 12 7 10 8.9 (5人) 8着 藤岡佑介 54 芝1800m(良) 1:51.7 (35.5) 1.2 サブジェクト
11. 4 東京 2歳未勝利 15 3 5 7.9 (4人) 1着 佐藤哲三 54 芝1600m(良) 1:36.5 (34.5) 0.0 (エールドクラージュ)
12. 1 中山 葉牡丹賞 10 4 4 17.2 (6人) 3着 柴山雄一 54 芝2000m(良) 2:03.5 (34.6) 0.3 ミステリアスライト
2008. 3. 1 中山 きんせんか賞 16 1 1 2.2 (1人) 1着 松岡正海 54 芝1600m(良) 1:35.1 (36.5) -0.7 (ミサトバレー)
3. 22 中山 フラワーC JpnIII 16 1 1 2.0 (1人) 1着 松岡正海 54 芝1800m(良) 1:49.5 (36.1) 0.0 (レッドアゲート)
4. 13 阪神 桜花賞 JpnI 18 8 16 10.8 (4人) 10着 松岡正海 55 芝1600m(良) 1:35.1 (35.0) 0.7 レジネッタ
5. 25 東京 優駿牝馬 JpnI 18 4 7 12.9 (6人) 4着 松岡正海 55 芝2400m(稍) 2:29.1 (35.8) 0.3 トールポピー
9. 21 阪神 ローズS JpnII 18 4 7 7.2 (4人) 15着 岩田康誠 54 芝1800m(重) 1:49.4 (37.9) 2.1 マイネレーツェル
10. 19 京都 秋華賞 JpnI 18 2 4 29.9 (11人) 1着 岩田康誠 55 芝2000m(良) 1:58.4 (34.6) -0.1 ムードインディゴ
2009. 2. 20 UAE バランシーンS G3 9 3 3 発売なし 9着 M.キネーン 57 芝1777m(良) 2:32.09 41.0 My Central

繁殖[編集]

2011年4月13日に第1仔となる父ディープインパクトの牡馬を出産した。2012年4月6日に第2仔の父ネオユニヴァースの牡馬が誕生した。第2子ブライトエンブレムが2014年の札幌2歳ステークスに優勝し、産駒の重賞初制覇[3]

馬名 誕生年 毛色 厩舎 馬主 戦績
第1子 テスタメント 2011年 鹿毛 ディープインパクト 美浦・小島茂之 田原邦男 4戦1勝(現役)
第2子 ブライトエンブレム 2012年 鹿毛 ネオユニヴァース 美浦・小島茂之 シルク 2戦2勝(現役)
札幌2歳S
第3子   2013年 鹿毛 ダイワメジャー    
  • 2014年9月6日現在。

血統表[編集]

ブラックエンブレム血統ミスタープロスペクター系 / Mr. Prospector 3×4=18.75%、Numbered Account、プレイメイト 5×4=9.38%、Damascus 5×5=6.25%

*ウォーエンブレム
War Emblem
1999 青鹿毛
Our Emblem
1991 黒鹿毛
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Personal Ensign Private Account
Grecian Banner
Sweetest Lady
1990 鹿毛
Lord at War General
Luna de Miel
Sweetest Roman The Pruner
I Also

ヴァンドノワール
1996
青毛
*ヘクタープロテクター
Hector Protector
1988 栗毛
Woodman Mr.Prospector
*プレイメイト
Korveya Riverman
Konafa
*プリンセスデリーデ
Princesse d'Elide
1981 鹿毛
Vaguely Noble *ヴィエナ
Noble Lassie
Flashy Sir Ivor
Sovereign F-No.3-c

近親[編集]

祖母のプリンセスデリーデが牝系を広げており、いとこに京都大賞典京都記念の勝ち馬ナリタセンチュリーエンプレス杯勝ち馬のニシノナースコールらがいる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e また鼻出血…「万策尽きた」ブラックエンブレム引退”. スポニチ (2009年8月13日). 2009年8月20日閲覧。
  2. ^ a b ブラックエンブレム号が競走馬登録抹消”. JRA (2009年8月20日). 2009年8月20日閲覧。
  3. ^ ブライトエンブレムが大外から豪快に差し切り、デビュー2連勝で重賞V!/札幌2歳S”. netkeiba.com (2014年9月6日). 2014年9月8日閲覧。

外部リンク[編集]