ブラジル社会民主党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラジルの旗 ブラジルの政党
ブラジル社会民主党
Partido da Social Democracia Brasileira
総裁 アエシオ・ネベス
成立年月日 1988年6月25日
本部所在地 ブラジルの旗 ブラジル、ブラジリア
代議院議席数
51 / 513   (10%)
(2012年11月10日[1]
連邦元老院議席数
10 / 81   (12%)
(2012年11月10日[2]
政治的思想・立場 中道右派
第三の道
社会自由主義
キリスト教民主主義
新自由主義
公式サイト [公式ウェブサイト ]
シンボル 黄色
テンプレートを表示

ブラジル社会民主党(ブラジルしゃかいみんしゅとう、ポルトガル語: Partido da Social Democracia Brasileira、略称:PSDB)は、ブラジル政党労働者党とならび、ブラジルで最大の政党の一つ。中道政党。

概要[編集]

党の創設[編集]

1988年ブラジル民主運動党の左派が分かれる形で創設。「民主主義」と「社会正義」を基本に、旧軍政勢力とも左翼とも一線を画し、社会民主主義者社会自由主義者キリスト教民主主義者民主社会主義者の結集をめざした。また一部、穏健派の労働運動からも支援を受けた。

カルドーゾ政権[編集]

1994年大統領選挙では従属理論の研究者としても知られるフェルナンド・エンリケ・カルドーゾを勝利させ、1998年の大統領選挙でも再選を果たした。しかし2002年の大統領選挙では労働者党のルーラに政権奪取を許し、野党となった。

現況[編集]

現在は社会民主主義第三の道を掲げる中道もしくは中道左派の政党を称してはいるが、実際の政策には市場経済重視の新自由主義の影響が強く、規制緩和や外国資本積極導入を主張している。支持者は都市部在住の富裕層や中間層が主体であり、財界や金融界の支持も厚い。社会主義インターナショナルには加盟しておらず(ブラジルからは民主労働党が加盟している)、キリスト教民主主義を軸とする中道民主インターナショナルのアメリカ組織であるアメリカ・キリスト教民主機構にオブザーバー参加しているなど、外交面においても親米傾向が強く、党名とは裏腹に実際には中道右派政党とされる場合が多い。

ブラジルの国会にあたる国民会議では、代議院下院)で51議席(513名中)、元老院上院)で10議席(81名中)を有している(2012年11月現在)。

2010年10月に行われた大統領選ではジョゼ・セラ(José Serra)前サンパウロ州知事を候補として政権奪還をめざしたが、与党・労働者党のジルマ・ルセフ(Dilma Rousseff)に敗れた[3]

脚注[編集]

  1. ^ Bancada dos partidos(ブラジル連邦議会代議院ホームページ)2012年11月10日閲覧
  2. ^ Senadoras e Senadores em exercício, ordenados por Partidos(ブラジル連邦議会元老院ホームページ)2012年11月10日閲覧
  3. ^ “ブラジル、初の女性大統領誕生へ 与党ルセフ氏当選”. AFPBB. (2010年11月1日). http://www.afpbb.com/article/politics/2771121/6395008 2012年11月10日閲覧。 

外部リンク[編集]