ブラシダス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブラシダスΒρασίδας, ラテン文字転記:Brasidas, ? - 紀元前422年)はペロポネソス戦争の前半において活躍したスパルタの将軍である。若年にもかかわらず軍を指揮して戦った彼はペロポネソス戦争前期における最も傑出した軍事的才能の持ち主であった。

紀元前429年の夏にペロポネソス同盟側はアテナイの同盟国であるザキュントスケファレニアをアテナイから切り離し、またケルキュラとの間に楔を打ち込もうとして、アテナイとそれらの同盟国との間に横たわるアカルナニアの地を勢力下に置くために軍を送った。しかし、この作戦でペロポネソス同盟軍は陸海で敗退した。これを受けてスパルタは、敗れて戻ってきたクネモス(その年のペロポネソス同盟連合艦隊の総司令官)の諮問団としてブラシダス、ティモクラテスリュコフロンをクネモスのいたキュレネへと送った。彼らは同盟諸国に布告を出して77隻の艦船を集め、彼らは先日にリオンの海戦でペロポネソス艦隊を破ったアテナイの提督フォルミオンとの再戦を目論んだ[1]。ペロポネソス戦争を記録したトゥキュディデスは引き続いて起こった海戦(ナウパクトスの海戦)におけるブラシダスの行動について言及しておらず、海戦でブラシダスはこれといった役割を果たさなかった。ともあれ、結論から言えばペロポネソス艦隊は四分の一の数の20隻のアテナイ艦隊に敗れ、コリントスへと敗走した[2]。この敗北によってアテナイとその北西の同盟国との間に楔を打ち込むというスパルタの試みは最終的な失敗に終わった。

紀元前427年、アテナイに反旗を翻したミュレィレネミュティレネの反乱)の救援に向ったが、助けが間に合わずに帰国した提督アルキダスレウカスアンプラキア艦隊13隻とアルキダスの相談役として送られていたブラシダスはキュレネで合流し、ケルキュラ方面での作戦を計画・準備した。というのもその時ケルキュラは親スパルタの寡頭派と親アテナイの民主派が内戦を起こしており、アテナイがそれに介入して将軍ニコストラトスを送っていたからだ。ケルキュラにやってきたアルキダス艦隊53隻は迎撃してきたアテナイ・ケルキュラ連合艦隊72隻を海戦で破った。この時、ブラシダスは敵に追い討ちをかけ、ケルキュラ島を攻撃することを提案したが、アルキダスはそれを容れずにギリシア本土側の基地へと引き返した。その後、エウリュメドン率いるアテナイの増援艦隊60隻が接近しつつあるという知らせを受けると、アルキダスは帰国し、ケルキュラ方面作戦は失敗に終わった。その後、ケルキュラでの内戦は民主派の勝利に終わった[3]

紀元前424年トラキアへと遠征したブラシダスは、ブラシダスの軍を使ってリュンコスの豪族アラバイオスを征討しようとしていたマケドニア王ペルディッカス2世によって迎え入れられた。しかし、ブラシダスは戦わずしてアラバイオスを味方にしたため、アラバイオスを征服したいと思っていたペルディッカスはそれに不満を抱いて軍隊扶養額の負担分を二分の一から三分の一に減らした[4]。しかし、翌紀元前423年にはペルディッカスの希望が通ったのかブラシダスとペルディッカスはリュンコス遠征を行った。ところが、ペルディッカスの援軍に来るはずだったイリュリア軍がリュンコス側に寝返ったためにペルディッカスは単独で撤退した。ブラシダスもその直後リュンコスを去ったが、ペルディッカスの勝手な行動に怒ったブラシダスはマケドニア領を荒らしたため、ペルディッカスはアテナイに接近し、同盟を結んだ[5]

紀元前422年、アンフィポリスの戦いで自らは選抜隊の重装歩兵150人を率いてアテナイ軍と戦い、戦い自体は勝利に終わったが、自らは戦死した。

[編集]

  1. ^ トゥキュディデス, II. 85
  2. ^ ibid, II. 91
  3. ^ ibid, III. 76-81
  4. ^ ibid, IV. 79-83
  5. ^ ibid, IV. 124, 125, 128, 132

参考文献[編集]