ブラザーズ・オブ・デストラクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ザ・ブラザーズ・オブ・デストラクションThe Brothers of Destruction)(以下、破壊兄弟)は、アメリカ合衆国プロレス団体WWEにおけるプロレスラータッグチームの名称。ジ・アンダーテイカーケインの2人で構成される。

(左)ケイン、(右)アンダーテイカー

概要[編集]

火事により死んだと思われていたジ・アンダーテイカーの弟というギミック1997年ケインWWFに登場し、2人は抗争を繰り広げた。

1998年には一旦和解し、共に行動するも、テイカーが裏切り再び両者は抗争を開始した。

2000年にテイカーが休場から復帰し"アメリカン・バッド・アス"となってからも抗争は続いたが、その後タッグを組み当時WWFを掌握していたストーン・コールド・スティーブ・オースチン&トリプルHの「パワー・トリップ」などと争う。2001年4月にはWWF世界タッグ王者となった。

その後のWWF対WCW/ECW連合軍(アライアンス)のストーリーではタッグ戦線で活躍し、WWFとWCWのタッグ王座を同時に保持。アライアンスとの抗争ストーリーが終了した後のブランド分割では共にRAWに所属するが、2003年にはテイカーがSmackDown!へと移籍し、別れて活動するようになる。

2006年にはケインが敗者RAW追放マッチでウマガに敗れSmackDown!へ移籍。移籍後、当時テイカーとも敵対状態にあったMVPミスター・ケネディとの抗争をきっかけに再結成する。その後もキング・ブッカー&フィンレーなどを相手に活動。以降は互いにシングルプレイヤーとして活動する。

2012年のRAW1000回記念放送で、ケインの手助けにテイカーが現れ、一夜限りのタッグを結成した。

得意技[編集]

大きな身体の相手に対して二人で仕掛けるチョークスラム。
ダブルチョークスラムに対して、二人それぞれが同時に行う。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]