ブラザース・フォア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラザース・フォア
The Brothers Four
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントン州シアトル
ジャンル フォーク
ポップ
活動期間 1957年 - 現在
レーベル アメリカ合衆国の旗コロムビアイギリスの旗フィリップス、その他
公式サイト Official website
メンバー
ボブ・フリック (Bob Flick)
マイク・マッコイ (Mike McCoy)
、マーク・ピアソン (Mark Pearson)
カール・オルソン (Karl Olsen)[1]
旧メンバー
マイク・カークランド (Mike Kirkland)
ディック・フォーリー (Dick Foley)
ボブ・ハワース (Bob Haworth)
トム・コー (Tom Coe)
ジョン・ペイン (John Paine)
テリー・ローバー (Terry Lauber)

ブラザース・フォア (The Brothers Four) は、1957年ワシントン州シアトルで結成されたアメリカ合衆国フォークソング・グループで、1960年のヒット曲「グリーンフィールズ (Greenfields)」で知られている。

経歴[編集]

ボブ・フリック (Bob Flick)、ジョン・ペイン (John Paine)、マイク・カークランド (Mike Kirkland)、ディック・フォーリー (Dick Foley) の4人は、1956年シアトルワシントン大学で、フラタニティ(「兄弟」を意味するラテン語「frater」に由来する学生の社交クラブ)のひとつであるファイ・ガンマ・デルタ (Phi Gamma Delta) の仲間として出会った。「ブラザース」つまり「兄弟」というグループ名も、フラタニティの仲間であったことを踏まえたものである。彼らがプロとして演奏し始めたのは、ライバル関係にあった別のフラタニティが彼らに仕掛けた冗談がきっかけであった。イタズラを仕掛けた学生たちは、シアトルにあるコロニー・クラブ (Colony Club) の関係者の振りをして、クラブに出演するオーディションのために来てくれないかと電話をかけたのである。クラブ側はもちろん、彼らが現れることを予定していたわけではなかったが、数曲歌うことが許され、結局、雇われることになった。フリックの回想によれば、報酬は「ほとんどの場合はビールで」支払われたという。

1959年に、サンフランシスコに拠点を移した彼らは、デイヴ・ブルーベックのマネージャーだったモート・ルイス (Mort Lewis) に出合い、ルイスにマネージャーを引き受けてもらい、その年の遅い時期にコロムビア・レコードとの契約を取り付けた。そうして1960年1月にリリースされた2枚目のシングル盤「グリーンフィールズ」が、ポップ・チャートの2位まで上昇し[2]、年末に出たデビュー・アルバム『Brothers Four』は、トップ20に入った。初期のキャリアの中では、ほかにも、4枚目のシングル盤として発表された、ジョン・ウェイン主演の1960年の映画『アラモ』の使用曲「遥かなるアラモ (The Green Leaves of Summer)」がアカデミー歌曲賞の候補のひとつとなり(受賞作は『日曜はダメよ』の「Never on Sunday」)、これを収録した3枚目のアルバム『魅力のグループ (BMOC/Best Music On/Off Campus)』はトップ10入りをした。ブラザース・フォアは1963年に、ABCのテレビ番組『フーテナニー (Hootenanny)』のテーマ曲として「Hootenanny Saturday Night」を作った。ブラザース・フォアは「スループ・ジョン・B」も取り上げ、「ジョンB号の航海 (The John B Sails)」としてリリースした[3]

(第1次)ブリティッシュ・インヴェイジョンボブ・ディランのようなより先鋭的なフォークロックの台頭によって、ブラザース・フォア初期の成功は終焉を迎えたが、その後も彼らは演奏活動を継続し、レコードを作り続け、特に日本では高い人気を保ち[4]アメリカ合衆国ではホテルを回る巡業を続けた。

ブラザース・フォアは、カムバックを期してディランの「ミスター・タンブリン・マン」を商業的にしたバージョンを録音したが、ライセンス許諾を得られすリリースができなかった。ところが、1965年にこの曲でデビューしたバーズのバージョンが有名になり、ブラザース・フォアはすっかり出し抜かれてしまった[5]

1968年、ブラザース・フォアは、ジェリー・デノン (Jerry Dennon) とともに、オレゴン州シーサイド (Seaside) にAMラジオ局KSWB英語版を設立した[6]。このラジオ局は1972年モンタナ州の事業グループに売却され、その後、ある自称牧師の所有となった後、最終的にラジオ局を多数所有するコングロマリットに吸収合併された。

1969年にマイク・カークランドがグループを離れ、これに代わって、やはりワシントン大学出身のマーク・ピアソン (Mark Pearson) が加入した。ピアソンは1971年に脱退し、代わってボブ・ハワース (Bob Haworth) が加入して、1989年まで活動したが、その後にはピアソンが再加入した。1990年には、ディック・フォーリーが脱退し、代わってテリー・ローバー (Terry Lauber) が加入した。こうしたメンバーの変遷はあるものの、56年のキャリアを重ね、グループは現在も活動を続けている。

おもなディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • 1960 "Greenfields" - #2[2] #40[7]、ノルウェー#1

[8]

アルバム[編集]

  • 1960 The Brothers Four - U.S. #11
  • 1960 Rally'Round
  • 1961 B.M.O.C. (Best Music On/Off Campus) - 米#4:邦題『魅惑のグループ』
  • 1961 Roamin
  • 1961 The Brothers Four Song Book - 米#71
  • 1962 The Brothers Four: In Person - 米#102
  • 1962 The Brothers Four Greatest Hits
  • 1963 Cross-Country Concert - 米#81
  • 1963 The Big Folk Hits - 米#56
  • 1964 More Big Folk Hits - 米#134
  • 1964 Sing Of Our Times - 邦題『風は激しく』
  • 1965 The Honey Wind Blows - 米#118
  • 1965 By Special Request
  • 1966 Try To Remember - 米#76
  • 1966 A Beatles' Songbook (The Brothers Four sing Lennon/McCartney) - 米#97:邦題『ブラザース・フォア/ビートルズを歌う』
  • 1969 Four Strong Winds

[8]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Brothersfour.com/about”. Brothersfour.com. 2010年10月1日閲覧。
  2. ^ a b Show 19 - Blowin' in the Wind: Pop discovers folk music. [Part 2] : UNT Digital Library”. Pop Chronicles. Digital.library.unt.edu (1969年5月25日). 2010年10月1日閲覧。
  3. ^ “” (2009年4月26日). “Brothers Four on youtube”. Youtube.com. 2010年10月1日閲覧。
  4. ^ プロフィール”. Sony Music Entertainment (Japan) Inc.. 2012年5月26日閲覧。
  5. ^ Cecil Adams (1978年4月21日). “Must you get permission to record someone else's song?”. The Straight Dope. 2010年10月1日閲覧。
  6. ^ “Interview: Bob Haworth”. Jazz Banjo Magazine 7.2. (Fall 2007) 
  7. ^ Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. p. 80. ISBN 1-904994-10-5. 
  8. ^ a b ブラザース・フォア - Allmusic

関連項目[編集]

外部リンク[編集]