ブラウン・ベス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
短筒陸上式マスケット銃

ブラウン・ベスBrown Bess)は、18世紀イギリス陸軍の制式マスケット銃とその派生型に付いたニックネーム。起源は不明。75口径(19.05mm)フリントロック式である。

イギリス帝国の拡大の時代に使用され、兵器としての活躍はもちろん、やがてイギリス陸軍を象徴する装備として兵器史に名を残した。一世紀以上にわたって使用されたため、外見が細かい変化を遂げており、代表的なバージョンには、長筒陸上式、短筒陸上式、インド式、新陸上式マスケット銃、海上用マスケット銃などが挙げられる。

この銃が広汎に使用された戦争として名高いのがアメリカ独立戦争である。イギリス軍はもちろん、アメリカ側のほとんどの男性市民は民兵としてマスケット銃の所有を法的に義務付けられていたため、この銃は両方の軍で主要な装備となった。

1722年の採用から長く英陸軍の制式兵器を務めてきたこの銃だが、イギリス軍の兵器開発陣はフリントロック式銃の機関部を雷管使用の弾丸に対応したものに改造し、1839年型マスケット銃として送り出した。速やかに部隊に行き届かせるため新造だけでなく既製の小銃も機関部の改造が施されることになったが、1841年に兵器庫があったロンドン塔に火災が発生、改造を控えていた多数のマスケット銃が焼失したこともある。

最終的にブラウン・ベスは19世紀の中ごろまで使用された。一部の銃は1857年のインド大反乱時に使用され、他にもメキシコ輸出され、1836年テキサス革命1846年から1848年米墨戦争メキシコ軍に使用された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]