ブライトンフェスティバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブライトン・フェスティバル(Brighton Festival)はイングランドブライトン・アンド・ホーヴで催される、英国でも最大規模の芸術祭である。[1] その歴史は1966年まで遡り、2006年には23日間にわたって200以上のイベントが開催され、50万人をこえる観衆をあつめた。[2]

みどころは多岐にわたり、舞台音楽文学視覚芸術など、ありとあらゆるメディアが動員される。そのなかでもよく知られるものは、Artists Open House コンセプトで、その名のとおり、フェスティバル期間中に限ってアーティスト工芸家が自宅やアトリエを一般に開放する。

ブライトンフェスティバル合唱団は1968年に結成され、芸術祭を代表するDV8 Physical TheatreFrantic Assemblyといったカンパニーと競演することを伝統としている。2006年にはブライトンを本拠とするYes/No Productionsの新作のこけらおとしにたずさわっている。フェスティバルは、また、多様な表現フォーマットのクロスオーバーを推進している。2006年の「Stories In Motion」はそのよい例で、チャック・パラニュークアーヴィン・ウェルシュOrbitalのフィル・ハートノルのコラボが実現し、「Warp Moves」ではRandom Danceとワープ・レコーズが共作した。

フェスティバルの委員長はPolly Toynbee。

関連イベント[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]