ブライス (人形)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タカラトミーから発売されているレプリカ

ブライス (Blythe) は、1972年にアメリカのケナー社 (Kenner) から発売された人形である。2001年タカラ(現タカラトミー)からレプリカが発売されている。

概要[編集]

1972年、アメリカのケナー社(オハイオ州シンシナティ)に所属していたアリソン・キャツマンによりデザインされ、同社より発売された着せ替え人形である。

子供が親しみやすい幼児体型を意識した大きな頭(三等身でグレープフルーツ大)が特徴で、頭の後ろから出ているひもを引っ張ると瞳の色が4色(グリーン・ピンク・ブルー・オレンジ)へと変わる他には見られないギミックが組み込まれていた。ドレスセットやウィッグなども合わせて発売されたが、当初は人気が振るわず、わずか1年で生産が打ち切られた。

目の動きと頭の後ろのひも

2000年にジーナ・ガラン(Gina Garan)による写真集が出版され、続いてパルコのキャンペーンに使用されたことから日本での人気に火が着き、2001年からクロス・ワールド・コネクションズ(以下CWC)のプロデュースのもと、株式会社タカラ(現株式会社タカラトミー)がレプリカのネオブライス(2001年5月パルコ限定『パルコリミテッド』/2001年6月一般販売 第一弾:BL1 モンドリアン)を販売した。

その後の人気は更に過熱し日本のみならず各国で注目され、ネオブライスの人気を受けて米国でもアシュトンドレイクから復刻版が販売された。

ファッションドールという位置付けからファッションブランドやアーティストとのコラボレーションも多く、定価も1万前後に設定され主に大人向けの商品として販売されている。この他に小さなサイズで価格設定が低いプチブライスや、ヘアまでプラスチックで作られた食玩のブライスベルも販売されている。

タカラトミーから専用のドレスやシューズのセットなどが販売されているが、ボディは基本的にリカちゃんと同じサイズであるため、リカちゃん用に販売されるドレスも一部流用できる。本体の加工が比較的容易なこともあり、手作り愛好家らによるカスタマイズや自作服の紹介・販売サイトが存在し、ヤフーオークションでの売買も盛んである。また昨今では母親の年代(アイアイちゃんで遊んだ世代等)に受け入れられていることもあり、親子で愛好している低年齢のファンも増えている。

この人形が復刻されて以降、プーリップやブラッツのように 1/6 サイズでありながら体に対して頭の大きいドールが発売されるようになった。また2005年頃にバービーのヘッドサイズが数ミリ大きくなったのはブライスの影響といわれている。

種類[編集]

ケナー社オリジナルのブライスまたは70年代に製作されたブライスはヴィンテージブライス、タカラのブライスは、ネオブライスと呼ばれている。

アシュトンドレイクのブライスは公式の復刻版となるが、ケナー社オリジナルと比較するとディテールに相当の差異がある。アシュトンブライスや復刻ブライス等と呼ばれる。

ヴィンテージブライス (オリジナル)[編集]

ケナー版(本家)
1972年、アメリカのケナー社(Kenner)が発売(1991年、Kenner社のtoy部門はHasbro社が買収)。
赤毛、ブロンド、ブルネット、ブラックと髪の毛の色が異なる。現在プレミアがついており、価格帯は十万から数十万まである。

海外向け[編集]

まほうのひとみアイアイちゃん (日本で販売されたヴィンテージブライス)
1972年、トミーから発売。日本で発売されたドレスとパッケージを日本仕様に変えたもの。
ドール自体はケナー社オリジナルと同様のヴィンテージブライスと同じ型と材質である。しかし、当時はあまり大々的に宣伝しなかった事と、顔がまだ当時の日本では受け入れられなかった事、値段が当時としてはやや高価だった事も手伝ってか、生産が1年も経たないうちに打ち切られた。ちなみにブライスが注目された2001年頃にはトミー本社にも当時のサンプルが1つしかなかったという。
パリトイ版(欧州向けに発売されたヴィンテージブライス)
また、アイアイちゃんとほぼ同じ時期にも英国のPalitoy社からもヴィンテージのブライスが発売されていた。日本のアイアイちゃんと違い、服装はオリジナルのケナー版とほぼ同じような衣服を身にまとっていたという。人形は香港の工場で作られていた。

新ブライス[編集]

ネオブライス(レプリカ)
2001年6月、ハズブロの許諾を受け、CWC社プロデュースのもと、タカラ(現・タカラトミー)から発売。
ヴィンテージブライスと同サイズの約28cm。
後頭部から出ている紐を引っ張ると目の色が変わり、グリーン、ブルー、ピンク、オレンジ(順不同)のアイカラーに変化するギミックも再現。
1ヶ月に1・2体のペースで新作が発表・販売されており、販売中・完売・製造終了も含め、2004年までに37種、2006年12月末までには75種が販売された。人形の仕様は若干変更されながら販売されており、初期版と後続モデルでは印象が異なるものもある。
コラボやアニバーサリーで販売されるブライスは、スペシャルアイカラーなどの特別な加工が施される。
プチブライス(後発のアレンジサイズ)
2002年6月、ネオブライスのプチサイズ(約11.2cm)としてタカラトミーから発売。
通常サイズのブライスのように目の色は変わらないが、横にすると眠るようにまぶたが下りるようになっている(但し初期のプチブライスはまぶたが下がらない)。
アメリカではプチブライスはハズブロ社が作っていた。
2004年までに48種、2006年12月末までには139種が販売された。
こちらも、コラボやアニバーサリーで特別仕様のドールがある。
復刻版ブライス
2004年8月~2008年4月、アシュトンドレイク・ギャラリーズ社(Ashton-Drake Galleries)から発売された(全12種)。
パッケージやドレスが忠実に再現されているが、ドール本体はケナー社のオリジナルブライスとは印象が異なる。
ミディブライス
2010年9月にタカラトミーから発売。ネオブライスとプチブライスの中間サイズとして登場した。顔はネオブライスよりも表情がやわらかく乙女チックであるのが特徴である。従来のヴィンテージ、ネオにはないふんわり感を出している。

ネオブライスの種類[編集]

ボディはタカラのリカちゃんとほぼ同サイズで、顔型やアイギミック、ボディなどの違いにより、異なる名称で呼ばれる。公式では、顔の形はエクセレント・スペリオール・ラディエンス・フェアレストで区別されるが、ファンの間では、さらに細かい分類が成され、以下のように呼ばれている。多くカスタムされているのもラディエンスとフェアレストである。

初期
エクセレントと同一の顔型
白目の割合が多く、瞼が上がっている
リカちゃんのボディを流用
睫もエクセレント以降のものとは異なるらしい
リカボディのエクセレント
白目の割合が少なく、少しだけ瞼が下がっている(この箇所が初期と異なる)
リカちゃんのボディを流用
エクセレントとはこの後発売された新型ボディの名称であるため、顔型に使うのは本来は誤用
エクセレント
ヴィンテージブライスの型を復刻したエクセレントボディを使用
後期エクセレント
白目が乳白色であったり、睫がスペリオールと同様に密集している
瞼が下がり気味で、エクセレントとスペリオールの中間と言える
スペリオール
ヴィンテージブライスをスキャンしたと言われる顔型を使用
白目の多いアイギミックと密集した睫、下がり気味の瞼が特徴
やや目が小さく、ほっぺもふっくらしている
ラディエンス
スペリオールと同様にヴィンテージを意識した顔型を使用
スペリオールよりアイホールが大きく、元にしたヴィンテージブライスに倣って左右のアイホールの大きさが違う
ヴィンテージに似た口元と、すっきりした顎のラインになっている
フェアレスト
エクセレントを意識したフェイスラインの顔型を使用
白目の割合が少なく、黒目がち、半マット肌仕様
目の形がまるく、ラディエンスと比較すると、やや目が小さく見える
ほっぺがふっくらしており、リップが直線気味
後期エクセレントとの相違は詳細不明

エクセレント~ラディエンスの間に、だんだんと口と鼻の間が短くなっているため、公式で幼い表情が特徴とされるのはラディエンスである。

シリーズ[編集]

シンプリー(順不同)
  • ライラック
  • バニラ
  • ペパーミント
  • マンゴー
  • グアバ
  • バブルブーム
  • チョコレート
  • スパークリースパーク
  • タンプティタンプ
プリマドーリー(順不同)
  • トウキョウ
  • パリ
  • ロンドン
  • アドーラブルオーブリー
  • ウィンサムウィロー
  • ヘザースカイ
  • アマリリス
  • ペオニー
  • メロン
  • オーブリー
  • サフィー
  • プリマドーリーアンコール サフィー
  • プリマドーリーアンコール オーブリー

日本での取扱店[編集]

など

参考文献[編集]

外部リンク[編集]