ブライアン・タレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブライアン・タレット
Brian Tallet
Brian Tallet.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 オクラホマ州ミッドウェストシティ
生年月日 1977年9月21日(36歳)
身長
体重
6' 7" =約200.7 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2000年 ドラフト2巡目(全体55位)でクリーブランド・インディアンスから指名
初出場 2002年9月16日
最終出場 2011年8月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ブライアン・カーティス・タレット(Brian Curtis Tallet, 1977年9月21日 - )は、アメリカ合衆国オクラホマ州ミッドウェストシティ出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。

経歴[編集]

メジャー昇格まで[編集]

高校最終学年時の1996年フロリダ・マーリンズ)、ルイジアナ州立大学在学中の1997年ニューヨーク・ヤンキース)、1999年サンディエゴ・パドレス)と計3度ドラフト指名されるが、いずれも契約には至らなかった[1]2000年にはカレッジ・ワールドシリーズで優勝している。同年にクリーブランド・インディアンスから2巡目(全体55位)で指名され入団。プロ入り後も大学時代までと同様に、先発投手として育成された。2002年には2A、3Aで好成績を残し、9月のロースター拡大に伴いメジャー昇格。

クリーブランド・インディアンス[編集]

2002年9月16日ボストン・レッドソックス戦でメジャー初登板初勝利、6回を無失点に抑える好投でメジャー初勝利を挙げる。

2003年は7月にメジャーへ昇格したが、5試合に登板したところで肘を痛めて故障者リスト (DL) 入り。8月26日に手術を行い、そのままシーズンを終える[2]

2004年は夏場に復帰し、マイナーで主にリリーフとして24試合に登板。2005年は2年ぶりにメジャーに昇格するが、わずか2試合の登板に終わる。シーズンオフの1月17日、トレードでトロント・ブルージェイズに移籍[3]

トロント・ブルージェイズ[編集]

2006年は開幕をメジャーで迎えるも、序盤は不振で一時はマイナーに降格する[4]。6月に再びメジャーへ昇格してからは主に敗戦処理や大差が付いた勝ち試合でのリリーフを任され、安定した投球を見せた。

2007年も前年に引き続いて、敗戦処理や大差が付いた試合のリリーフとして48試合に登板した。

2008年は自己最多の51試合に登板し、防御率2.88もブルージェイズ移籍後最高の成績であった。

2009年も開幕はブルペンの一員としてスタートするが、相次ぐ先発投手陣の故障により、4月半ばから先発ローテーションに抜擢される。5月には6度の先発登板の全てでクオリティ・スタート (QS) を達成し、序盤のブルージェイズ投手陣を支えた。しかし、6月以降は打ち込まれる試合が増え、7月末にブルペンへ降格した。

2010年は開幕から先発ローテーション入りするも、被本塁打が多く、5月中旬にリリーフにまわされる。しかしその後も被本塁打は増え、77イニングで20本塁打を喫した。オフの11月12日にノンテンダーFAとなった。

セントルイス・カージナルス[編集]

11月30日にセントルイス・カージナルスと契約。翌年の6月11日、くしゃみで肋間筋を痛めCT検査を行った際、腎臓嚢胞があることを発見し、多発性嚢胞腎と診断された。

ブルージェイズ復帰[編集]

2011年7月27日にカージナルス、シカゴ・ホワイトソックス、トロント・ブルージェイズ間での三角トレードでブルージェイズに移籍したが、9月5日に解雇された。

パイレーツ・パドレス移籍、引退へ[編集]

2012年2月3日にピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約を結んだ。4月7日、サンディエゴ・パドレスに移籍。5月17日に解雇された。

2013年6月25日に引退を発表した。

選手としての特徴[編集]

速球はだいたい80マイル台後半だが、時折90マイルに達する。速球の他にはチェンジアップカッタースライダーを投げる[5]

最大の課題は制球力。毎年のように与四球が投球回数の半数前後に達しており、コントロールを乱して自滅するケースが多い[6]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2002 CLE 2 2 0 0 0 1 0 0 0 1.000 47 12.0 9 0 4 0 1 5 0 0 3 2 1.50 1.08
2003 5 3 0 0 0 0 2 0 0 .000 87 19.0 23 2 8 0 1 9 0 0 14 10 4.74 1.63
2005 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 24 4.2 6 2 3 0 2 2 0 0 4 4 7.71 1.93
2006 TOR 44 1 0 0 0 3 0 0 5 1.000 220 54.0 45 5 31 4 3 47 2 1 24 23 3.81 1.40
2007 48 0 0 0 0 2 4 0 1 .333 267 62.1 49 1 28 7 6 54 1 0 26 24 3.47 1.24
2008 51 0 0 0 0 1 2 0 4 .333 240 56.1 52 4 22 3 1 47 0 0 19 18 2.88 1.31
2009 37 25 0 0 0 7 9 0 0 .438 717 160.2 169 20 72 2 6 120 2 0 99 95 5.32 1.50
2010 34 5 0 0 0 2 6 0 1 .250 356 77.1 84 20 38 3 4 53 1 0 60 55 6.40 1.58
2011 STL 18 0 0 0 0 0 1 0 2 .000 68 13.0 20 4 5 1 2 9 0 0 13 12 8.31 1.92
TOR 1 0 0 0 0 0 1 0 0 ---- 5 0.1 2 0 2 0 0 1 0 0 2 2 54.00 12.00
'11計 19 0 0 0 0 0 2 0 2 .000 73 13.1 22 4 7 1 2 10 0 0 15 14 9.45 2.18
通算:9年 242 36 0 0 0 16 25 0 11 .390 2040 460.0 459 58 213 20 25 337 6 1 264 245 4.79 1.46
  • 2011年度シーズン終了時

脚注[編集]

  1. ^ Brian Tallet: Biography and Career Highlights",MLB.com(英語),2009年9月1日閲覧
  2. ^ Brian Tallet: 2003 Career Highlights,MLB.com(英語),2009年9月1日閲覧
  3. ^ Brian Tallet: 2003 Career Highlights,MLB.com(英語),2009年9月1日閲覧
  4. ^ 2005 Brian Tallet: 2003 Career Highlights,MLB.com(英語),2009年9月1日閲覧
  5. ^ Erika Gilbert/MLB.com,06/24/09,Blue Jays support southpaw with three home runs,bluejays.com(英語),2009年9月1日閲覧
  6. ^ Jordan Bastian/MLB.com,07/03/09,Tallet's control problems sink Jays,bluejays.com(英語),2009年9月1日閲覧

外部リンク[編集]