ブライアン・スタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブライアン・スタン
Brian Stann receives Silver Star.jpg
基本情報
本名 ブライアン・マイケル・スタン
(Brian Michael Stann)[1]
通称 オール・アメリカン (All American)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1980年9月24日(33歳)
出身地 日本の旗 日本
東京都
所属 チーム・クエスト・サウス
ジャクソンズMMA
身長 185cm
体重 93kg
リーチ 188cm
階級 ライトヘビー級
ミドル級
スタイル ボクシング
テーマ曲 Diamond Eyes (Boom-Lay Boom-Lay Boom)
シャインダウン
テンプレートを表示

ブライアン・スタンBrian Stann、男性、1980年9月24日 - )は、アメリカ合衆国の元総合格闘家日本東京都出身。ジャクソンズMMA所属。元WEC世界ライトヘビー級王者。

イラク戦争における活躍に対し、米軍の勲章としては三番目に高位である(シルバースター)を2006年に授与されている。

来歴[編集]

日本横田基地で生まれ、ペンシルベニア州スクラントンで育った。

2003年海軍兵学校に入学し、ミドルラインバッカーとしてアメリカンフットボールを経験した。卒業後はアメリカ海兵隊に入隊した。

2004年5月、海兵隊でのトレーニングの一環として総合格闘技のトレーニングを開始した。

2005年5月、海兵隊将校として参加したイラク戦争中のミッションで、隊の副隊長として危機的な状況から42人の隊員全てを生還させたことによって、翌年に勲章(シルバースター)を授与された[2]

2006年1月6日、チーム・クエスト主催のSportFightでプロ総合格闘技デビュー。

WEC[編集]

2006年6月15日、WEC初参戦となったWEC 21でミゲール・コシオにTKO勝ち。

2007年3月24日、WEC 26でスティーブ・キャントウェルと対戦し、TKO勝ち。

2008年3月26日、WEC 33のWEC世界ライトヘビー級タイトルマッチで王者ダグ・マーシャルと対戦。カウンターの左フックでダウンを奪ったところにパウンドで追撃しTKO勝ち。王座を獲得した。デビュー以来の連続1RKO勝ち記録を6に伸ばした。

2008年8月3日、WEC 35で行われたWEC世界ライトヘビー級タイトルマッチで挑戦者スティーブ・キャントウェルと再戦し、TKO負け。王座から陥落するとともにキャリア初黒星となった[3]

UFC[編集]

2009年4月18日、UFC初参戦となったUFC 97クシシュトフ・ソシンスキーと対戦し、チキンウィングアームロックで一本負け[4]。9月16日、UFC Fight Night: Diaz vs. GuillardにおいてWECで1勝1敗であったキャントウェルとラバーマッチを行い、3-0の判定勝ちを収めた。

2010年2月6日、UFC 109でこの試合がUFCデビュー戦となったフィル・デイヴィスと対戦し、グラウンドでコントロールされ続け、0-3の判定負けを喫した[5]

2010年8月1日、ミドル級転向後初戦となったUFC on Versus: Jones vs. Matyushenkoでマイク・マッセンジオと対戦し、三角絞めで一本勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[6][7]

2011年1月1日、UFC 125クリス・リーベンと対戦し、パウンドによるTKO勝ちを収めた[8]

2011年5月29日、UFC 130SRCミドル級王者のジョルジ・サンチアゴと対戦し、パウンドによるTKO勝ち[9]。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2011年10月9日、UFC 136チェール・ソネンと対戦し、終始グラウンドでコントロールされ肩固めによる一本負けを喫した。

2013年3月3日、UFC on Fuel TV 8ヴァンダレイ・シウバと対戦、お互いにダウンを奪い合う壮絶な殴り合いを展開し、左フックからのパウンドで2RKO負けを喫した。

2013年7月、度重なる頭部へのダメージによってパンチドランカー精神病になる事を懸念して、総合格闘家を引退する事を発表。以後はUFCの解説員として活動している[10]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
18 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
12 9 1 2 0 0 0
6 2 2 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ヴァンダレイ・シウバ 2R 4:08 KO(左フック→パウンド) UFC on Fuel TV 8 2013年3月3日
× マイケル・ビスピン 5分3R終了 判定0-3 UFC 152: Jones vs. Belfort 2012年10月13日
アレッシオ・サカラ 1R 2:26 KO(パウンド) UFC on Fuel TV 2 2012年4月15日
× チェール・ソネン 2R 3:51 肩固め UFC 136: Edgar vs. Maynard 3 2011年10月8日
ジョルジ・サンチアゴ 2R 4:29 TKO(右フック→パウンド) UFC 130: Rampage vs. Hamill 2011年5月29日
クリス・リーベン 1R 3:37 TKO(膝蹴り→パウンド) UFC 125: Resolution 2011年1月1日
マイク・マッセンジオ 3R 3:10 三角絞め UFC on Versus: Jones vs. Matyushenko 2010年8月1日
× フィル・デイヴィス 5分3R終了 判定0-3 UFC 109: Relentless 2010年2月6日
ロドニー・ウォーラス 5分3R終了 判定3-0 The Ultimate Fighter: Heavyweights Finale 2009年12月5日
スティーブ・キャントウェル 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Diaz vs. Guillard 2009年9月16日
× クシシュトフ・ソシンスキー 1R 3:53 キムラロック UFC 97: Redemption 2009年4月18日
× スティーブ・キャントウェル 2R 4:01 TKO(右フック→パウンド) WEC 35: Condit vs. Miura
【WEC世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2008年8月3日
ダグ・マーシャル 1R 1:35 KO(左フック→パウンド) WEC 33: Marshall vs. Stann
【WEC世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2008年3月26日
ジェレミア・ビリングトン 1R 3:07 TKO(パンチ連打) WEC 30: McCullough vs. Crunkilton 2007年9月5日
クレイグ・ゼルナー 1R 4:57 TKO(パンチ連打) WEC 28: WrekCage 2007年6月3日
スティーブ・キャントウェル 1R 0:41 TKO(パンチ連打) WEC 26: Condit vs. Alessio 2007年3月24日
ミゲール・コシオ 1R 0:16 TKO(パンチ連打) WEC 21: Tapout 2006年6月15日
アーロン・スターク 1R 3:14 TKO(パンチ連打) SportFight 14: Resolution 2006年1月6日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ダグ・マーシャル
第6代WEC世界ライトヘビー級王者

2008年3月26日 - 2008年8月3日

次王者
スティーブ・キャントウェル