ブライアン・オーガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブライアン・オーガー(Brian Auger、1939年7月18日 - )は、イギリスロンドン出身のジャズ・ロックキーボード奏者、作曲家。主にオルガンを演奏する。

独学でキーボードをマスターし、1963年にジャズ・ピアニストとしてプロ活動を始める。その後ジミー・スミスの影響を受け、ハモンド・オルガンを弾くようになる。1965年、ロッド・スチュワート、ヴォーカルのジュリー・ドリスコール等とスティームパケットを結成。R&Bを主体としたソウルフルな革新的なジャズ・ロックサウンドを追求し、イギリス国内で注目された。その後トリニティを結成し、新たなユニットに移行し、1968年にはモントルー・ジャズ・フェスティバルに出演を果たす。ここでも時代を先取りしたクロスオーバーサウンドを展開していく。バンドにはゲイリー・ボイル等も在籍していた。1970年にはオブリヴィオン・エクスプレスを結成。オーガーは一貫してジャズ、ブルース、ロックのサウンドを土台にアヴァンギャルド的な色彩を取り入れ、大衆的なジャズ・ロックを展開してきた。

主要アルバム[編集]

  • 1967 - Open (Trinity)
  • 1968 - Definitely What
  • 1969 - Streetnoise
  • 1970 - Befour
  • 1970 - Oblivion Express (Oblivion Express)
  • 1971 - A Better Land
  • 1978 - Encore(Brian Auger & Julie Tippetts)

外部リンク[編集]