ブライアント夫妻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
右奥のヒゲの人物がブーデロウ1957

ブライアント夫妻は北米の作曲チーム。

  • フェリス・ブライアント(Felice Bryant 、出生名Matilda Genevieve Scaduto, 1925.8.7. – 2003.4.22)
  • ダイダリウス・ブーデロウ・ブライアント(Diadorius Boudleaux Bryant / ˈbdɛl/;[1] 1920.2.13 – 1987.6.25)

の二人。

"Rocky Top"、ロイ・オービソンの"Love Hurts"や、エヴァリー・ブラザースの"All I Have to Do Is Dream"、"Bye Bye Love"などで知られる。[1]

伝記[編集]

ブーデロウはジョージア州Shellman生まれ。クラシック音楽のヴァイオリンを習った。アトランタ交響楽団で1937-38年シーズンに演奏したが、カントリー音楽のフィドルが好きで、地元のバンドHank Penny and his Radio Cowboysに参加した。1945年、ウィスコンシン州ミルウォーキーでフェリスと出会い結婚した。

"All I Have To Do Is Dream"は自伝的で、フェリスはシャーウッド・ホテルのエレベーター・ガールをしていて彼を見たとき、すぐに「その人だと分かった」。8歳の時に夢の中で彼の顔を見て以来「永遠に探しつづけ」てきたのがブーデロウだった。ホテルの噴水で彼を見つけ駆け寄りうっかり彼を水びたしにし「お酒を飲みませんか」と誘ったとき、彼女は19歳だった。

共作[編集]

結婚当初は経済的に困窮し、移動式住居で暮らし、80曲以上共作した。多くのカントリー歌手に曲を売ろうとしては無視・拒絶されていたが、Little Jimmy Dickensが"Country Boy"を録音、1948年にカントリーで7位になり、テネシー州ナッシュヴィルの出版社Acuff-Rose MusicのソングライターFred Roseと仕事ができるようになった。

1950年、夫妻はナッシュヴィルに引っ越し、フルタイムで作曲するようになった。1950年代初期の作品にはスイングする"Sugar Beet" (Moon Mullican録音)やブルージーな"Midnight" (Red Foley録音)がある。

Little Jimmy Dickensにさらに書き、Carl Smithにも書き、彼ら自身の45回転シングルを4枚だし、そこそこ成功した。

1957年以降エヴァリー・ブラザースの一連の大ヒット曲群を書き、国民的な作家になる。[1] ロイ・オービソンバディー・ホリーにも書き、ヒットした。

後に彼らの作品を録音したのはTony Bennett, Sonny James, Eddy Arnold, Bob Moore, Charley Pride, ナザレス, Jim Reeves, Leo Sayer, ジェリー・リー・ルイス, サイモン&ガーファンクル, サラ・ヴォーン, The Grateful Dead, エルビス・コステロ, Count Basie, Dean Martin, レイ・チャールズ, Gram Parsons, ボブ・ディラン(アルバム『Self Portrait』で二曲カバーした)など。

1962年,"Too Many Chicks"が初の黒人女性カントリー歌手Leona Douglasでヒット。彼女を発掘したのはMonumentレコードのFred Foster。彼はブーデロウの秘書の女性の名前がボビー・マッキーであることに気づき、クリス・クリストファーソンに彼女の名前を歌の中で使うよう提案し、クリストファーソンは『ミー・アンド・ボビー・マギー英語版』という曲を書き、後にこの曲はジャニス・ジョプリンの歌唱によって大ヒットした。[2]

夫妻はテネシー州ヘンダーソン村のヒッコリー湖付近の家に引っ越し、ロイ・オービソンジョニー・キャッシュなど、友人の近所に住んだ。

1978年、昔"Rocky Top"を書いた場所であるテネシー州Gatlinburgに引っ越し、国立公園に近いホテルを買った。

1979年、自作アルバムA Touch of Bryantを発表。

1967年に書いた"Rocky Top"は1982年にテネシー州の州歌になった。

彼らの、録音された作品は1,500曲以上。

BMI賞を59回受賞。

1972年、「ナッシュヴィル・ソングライターの殿堂」入り、1986年、ソングライターの名声の殿堂入り、1991年カントリー音楽の殿堂入り、ロカビリーの殿堂入り。

「1950年代のイギリスで最も成功したソングライター」三位。[3]

[編集]

ブーデロウは1987年に亡くなった。フェリスは活発に作曲を続け、2003年に亡くなった。ナッシュヴィルのWoodlawnメモリアル・パーク墓地に夫婦で眠っている。

主な作品[編集]

Little Jimmy Dickens[編集]

  • "Country Boy" (1948)
  • "Bessie The Heifer"

エヴァリー・ブラザース[編集]

NOTE: Pop, C&W, R&Bの三つのチャートで"Wake Up, Little Susie" 、"All I Have to Do Is Dream"が一位。[4]

バディー・ホリー[編集]

Gram Parsons with Emmylou Harris[編集]

Emmylou Harris[編集]

  • "Sleepless Nights"
  • “Like Strangers”
  • "Love Hurts"-エヴァリー・ブラザースのカバー。

Ricky Van Shelton[編集]

  • "Loving Proof"

[編集]

:"All I Have to Do Is Dream", "Bye Bye, Love", "Love Hurts"、"Wake Up, Little Susie"などには無数のカバー・バージョンがある。[5]

参照[編集]

  1. ^ a b c Gilliland, John (1969), “Show 9 - Tennessee Firebird: American country music before and after Elvis. [Part 1”] (audio), Pop Chronicles (Digital.library.unt.edu), http://digital.library.unt.edu/ark:/67531/metadc19757/m1/ 
  2. ^ http://performingsongwriter.com/kris-kristofferson-bobby-mcgee/ Retrieved: June 8, 2012
  3. ^ http://www.davemcaleer.com/page23.htm
  4. ^ BPI Communications and Joel Whitburn's Record Research Publications
  5. ^ Bill Williams, Our Stories: Rocky Top. WBIR.com, 19 November 2008. Retrieved: 20 September 2009.
  • Kingsbury, Paul. (1998). "Felice and Boudleaux Bryant". The Encyclopedia of Country Musicという著作の中の項目。. Paul Kingsbury, Editor. pp. 63–64.

http://performingsongwriter.com/felice-and-boudleaux-bryant/ http://www.southernreader.com/SouthRead12.8.html

外部リンク[編集]