ブライアンズタイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブライアンズタイム
英字表記 Brian's Time
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1985年5月28日
死没 2013年4月4日(28歳没)
Roberto
Kelley's Day
母の父 Graustark
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Darby Dan Farm
馬主 James W.Phillips
調教師 John M.Veitch(アメリカ)
競走成績
生涯成績 21戦5勝
獲得賞金 100万1269ドル
テンプレートを表示

ブライアンズタイムBrian's Time1985年5月28日 - 2013年4月4日)はアメリカ合衆国競走馬であり、フロリダダービーペガサスハンデキャップに勝利した。のちに日本種牡馬として輸入されたサラブレッドである。

経歴[編集]

競走馬時代は後に種牡馬でもライバル関係となるフォーティナイナーを下した1988年3月のフロリダダービー優勝を含め21戦5勝。アメリカ三冠競走にも参戦し、ケンタッキーダービー6着、プリークネスステークス2着、ベルモントステークス3着の成績を残している。現役引退後日本に種牡馬として移り、早田牧場2002年破産)が中心となってシンジケート「ブライアンズタイム会」が結成された。早田牧場は当初本馬ではなく、この馬のいとこで1988年の全米芝牡馬チャンピオンであるサンシャインフォーエヴァーを購入するつもりであった。しかし、競走実績の高さから当時の所有者・ダービーダンファーム側が高い価格を提示し、交渉が決裂した。そこで母が全姉妹、さらに同じ父とほぼ全兄弟も同然の血統構成を持ち[1]、自身も重賞勝ち馬であったブライアンズタイムに白羽の矢が立てられ代替購入となった[2]

種牡馬入り時は折からのリアルシャダイブームだったこともあり同じ父を持つ本馬は中々の人気となった。産駒はその期待に応え、初年度から中央競馬では20世紀最後(史上5頭目)の日本クラシック三冠馬となったナリタブライアン優駿牝馬(オークス)優勝馬チョウカイキャロル地方競馬でも同じく初年度産駒から、通算43勝という日本の戦後競馬のサラブレッド系最多勝利記録を樹立する事になる北関東の最強馬ブライアンズロマン、そのブライアンズロマンをとちぎダービー(宇都宮)で破ったカルラネイチャーなどを輩出し、中央・地方を問わず競馬関係者から大きな注目と期待を集める事となった。

2002年に早田牧場が経営破綻した後、ブライアンズタイムの繋養先が早田の関連牧場・CBスタッドからジェイエスの関連牧場・アロースタッドに移動。現在のブライアンズタイム会の運営はジェイエスが行っている。

近年はクラシックで産駒は好走していなかったが、2007年の皐月賞でヴィクトリーが勝利を収め、タニノギムレット以来のクラシックホースを輩出した。サンデーサイレンスという大種牡馬の存在もあってリーディングサイアーこそ取れないものの、多くの活躍馬を輩出し、1996年から11年連続でリーディング3位以内を保った。

2009年4月25日京都競馬場1Rにおいて産駒のグランプリスマイルが勝利し、中央競馬における種牡馬勝利数がサンデーサイレンス、ノーザンテーストに次いで歴代3位となった。また、2010年3月28日中山競馬場で開催されたマーチステークスで産駒のマコトスパルビエロが勝利し、パーソロンノーザンテーストに並び史上1位タイとなる18年連続での産駒の中央競馬重賞勝利を達成した。2012年11月11日レインボーダリアエリザベス女王杯を勝利してブライアンズタイム産駒の20年連続重賞制覇を達成した。

2013年4月4日、放牧中に転倒して右後大腿骨骨折を発症したため安楽死の処置が施された[3]。高齢ながら健康には問題がなく、2013年も30頭ほどに種付けの予定があり、すでに10頭に種付けを行なった後での急逝であった。

1990年代後半にはサンデーサイレンス、トニービンと三強種牡馬として君臨していたが、ブライアンズタイム自身は他二頭よりも10年以上存命期間が長く、高齢となっても種牡馬として供用され、長期間にわたって産駒を出し続けた。今後は後継種牡馬が系統の生き残りをかけて争うことになる。代表産駒であるナリタブライアンこそ夭逝したが、マヤノトップガンは現在まで種牡馬としてある程度の実績を残しており、タニノギムレットも牝馬の東京優駿(日本ダービー)優勝馬ウオッカを出すなど実績を挙げている。

産駒の傾向[編集]

中長距離に適性を示すため、仕上がりが早い産駒はクラシック戦線において活躍している。また、ダート戦で強く、レースを使われながらコンディションを整えていくタイプが多く、頑健で使い減りしにくい。そのため、高齢であっても活躍が見込まれることから、古馬になって中央競馬ではピークを過ぎたと見られる馬であっても、地方競馬の厩舎から譲渡の引き合いにより、再起して当地の一線級として活躍する場合もある。多数の活躍馬は春のクラシック戦線以前から頭角を現しており、全体的に仕上がりが早い傾向が強い。

また、脚部不安を抱えていたために中央競馬ではなく地方競馬からデビューして実績を残した馬の中からも、東京大賞典等を制したトーホウエンペラー岩手)や、『栃木の怪物』の異名を持つブライアンズロマンなどを輩出している。

ブライアンズタイム自身は競走馬としてはやや小柄な部類に入る馬で、良績のある産駒に大型馬は少ない。しかし、大きな腹袋で見た目には実際の体重以上の重量感のある産駒が多く、またそういう産駒の方が走ると言われている。一方で、シルクジャスティスのように馬体がさして目立たない産駒が大レースを制したり、タニノギムレットのように筋肉質の馬体ながらも距離をこなす馬など、見たところが当てにならない産駒が出ることもままあり、馬券買い泣かせ、予想家泣かせ、産駒を購入する側にとっても買い手泣かせという面を持っている。

主な産駒[編集]

G1級勝利馬[編集]

重賞勝利馬[編集]

母の父として[編集]

G1級勝利馬[編集]

重賞勝利馬[編集]

血統表[編集]

ブライアンズタイム血統ロベルト系 / Sir Gallahad III5x5=6.25% Nearco5x5=6.25%(父内)Blue Larkspur5x5=6.25%(父内) 4代内アウトブリード

Roberto
1969 鹿毛
Hail to Reason
1958 黒鹿毛
Turn-to Royal Charger
Source Sucree
Nothirdchance Blue Swords
Galla Colors
Bramalea
1959 黒鹿毛
Nashua Nasrullah
Segula
Rarelea Bull Lea
Bleebok

Kelley's Day
1977 鹿毛
Graustark
1963 栗毛
Ribot Tenerani
Romanella
Flower Bowl Alibhai
Flower Bed
Golden Trail
1958 黒鹿毛
Hasty Road Roman
Traffic Court
Sunny Vale Eight Thirty
Sun Mixa F-No.4-r

脚注[編集]

  1. ^ 2006年ケンタッキーダービー優勝馬バーバロの父であるダイナフォーマーも、父Roberto、母の父His Majesty(本馬の母の父グロースタークの全弟)、三代母(曾祖母)Golden Trail(本馬の祖母)と、本馬の従甥でかつ血統構成がほぼ共通となっている。
  2. ^ サンシャインフォーエヴァーも後年輸入されたものの目立った活躍馬の出ないまま種牡馬を引退している。これは代替種牡馬が本元を超えた数少ない例となっている。
  3. ^ 大種牡馬ブライアンズタイム死す”. nikkansports.com (2013年4月4日). 2013年4月4日閲覧。

外部リンク[編集]