ブノワ・ミュジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブノワー・ミュジー
グランプリでの経歴
国籍 スイスの旗 スイス
活動期間 1949 - 1951
チーム モト・グッツィ
レース数 4
優勝回数 0
表彰台回数 0
通算獲得ポイント 13
初グランプリ 1949 250cc スイスGP
最終グランプリ 1951 500cc スイスGP
テンプレートを表示

ブノワー・ミュジー(Benoît Nicolas Musy、1917年12月13日1956年10月7日)は、スイス出身のオートバイレーサードライバー

生涯[編集]

ブノワーは、スイスの政治家ジャン=マリー・ミジュー(en)の息子として、フリブール生まれた。農学者の資格をベルンで取得し、第二次世界大戦中は空軍に属した。彼は父の助力を受けながら、テレージエンシュタット強制収容所に収監されていた1200人とも言われる多くのユダヤ人を救ったとして、1944年に有名になった。[1]

さらに彼は、レースの世界に身を投じたことで、更に著名な人物となった。オートバイではモト・グッツィを駆ってロードレース世界選手権に出場[2]し、自動車レースでは主にマセラッティに乗り、1950年代中ごろのヨーロッパ・スポーツカー選手権を何度も制した。

彼は1956年、フランスエソンヌ県Autodrome de Montlhéryで開催されたレース中の事故で死亡した。

戦歴[編集]

ロードレース世界選手権[編集]

1949年のポイントシステム

順位 1 2 3 4 5 ファステストラップ
ポイント 10 8 7 6 5 1

1950年から1968年までのポイントシステム

順位 1 2 3 4 5 6
ポイント 8 6 4 3 2 1
  • 凡例
  • ボールド体のレースはポールポジション、イタリック体のレースはファステストラップを記録。
クラス チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 ポイント 順位 勝利数
1949 250cc モト・グッツィ IOM
-
SUI
5
ULS
-
ITA
-
5 13位 0
1950 250cc モト・グッツィ IOM
-
SUI
4
ULS
-
ITA
-
3 9位 0
1951 250cc モト・グッツィ SPA
-
SUI
4
IOM
-
BEL
-
NED
-
FRA
-
ULS
-
ITA
-
3 8位 0
500cc モト・グッツィ SPA
-
SUI
5
IOM
-
BEL
-
NED
-
FRA
-
ULS
-
ITA
-
2 19位 0

脚注[編集]

  1. ^ Holocaust Rescue
  2. ^ Benoit Musy - The Official MotoGP Website

外部リンク[編集]