ブノワ・ジャコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブノワ・ジャコ
Benoit Jacquot
Benoit Jacquot
2013年
生年月日 1947年2月5日(67歳)
出生地 フランスの旗 フランスパリ
国籍 フランス
職業 映画監督

ブノワ・ジャコ(Benoît Jacquot、1947年2月5日 パリ - )はフランス映画監督脚本家。助監督として映画界に入り、1975年に映画監督としてデビュー。

来歴[編集]

70年代テレビドキュメンタリーを多く手がけ、1972年マルグリット・デュラスが監督した『ナタリー・グランジェ(女の館)』、1973年には『インディア・ソング』で助監督をつとめる。1975年にL'Assassin musicienで監督としてデビュー。

1989年の『デザンシャンテ』では、主演のジュディット・ゴドレーシュセザール賞の有望若手女優賞にノミネート。1995年の『シングル・ガール』では、主演のヴィルジニー・ルドワイヤンがプラハ国際映画祭最優秀女優賞を獲得している。

2003年にはロイヤル・オペラ・ハウスにて、ジュール・マスネオペラ『ヴェルテル』(Werther)を演出した。2005年、カンヌ国際映画祭の審査員に選ばれるなど、フランス映画界で広く活動している。

主な監督作品[編集]

  • L'Assassin musicien (1975)
  • 壁戸棚の子どもたち Les enfants du placard (1977)
  • 鳩の翼 Les Ailes de la colombe (1981)
  • 肉体と財産 Corps et biens (1986)
  • デザンシャンテ La Désenchantée (1989)
  • シングル・ガール Le Fille seule (1995)
  • Le Septieme Ciel (1997)
  • 肉体の学校 L'École de la chair (1998)
  • 発禁本-SADE Sade (2000)
  • トスカ Tosca (2001)
  • イザベル・アジャーニの 惑い Adolphe (2002)
  • いつか会える À tout de suite (2004)
  • 公女マリー・ボナパルト Princesse Marie (2004)
  • L’Intouchable (2006)
  • 肉体の森 Au fond des bois (2010)
  • マリー・アントワネットに別れをつげて Les Adieux à la reine (2012)

外部リンク[編集]