ブッダ・エアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブッダ・エアー
IATA
-
ICAO
BHA
コールサイン
Buddha Air
設立 1997年10月
ハブ空港 トリブバン国際空港
マイレージサービス Royal Club
保有機材数 9機
就航地 10都市
本拠地 ネパールの旗 ネパール カトマンズ
代表者 Surendra B. Basnet

ブッダ・エアーBuddha Air)は、ネパールの民営航空会社1997年10月創業。

本社はネパール・ラリトプール郡ジャワラケル。カトマンズをメインハブとし、ネパール国内10都市を結んでいる。またインドバラナシへの国際線もある。

就航都市[編集]

国内線[編集]

主な就航都市は、ポカラネパールガンジバイラワビラトナガールバドラプールシマラなど。また、カトマンズ発のエベレスト観光飛行も運営している。

国際線[編集]

歴史[編集]

1996年4月に起業・登録認可され、1997年10月に新機材ビーチクラフト 1900の1機で開業。社名はもちろんサンスクリット仏陀から。悟りを開いた釈迦のことを指している。

保有機材[編集]

ブッダ・エアーの機材は以下の航空機で構成される(2012年12月現在)[1]

事故[編集]

2011年9月25日朝、エベレスト遊覧飛行のためカトマンズ空港を出発したブッダ・エアー103便 ビーチクラフト 1900D型機が、遊覧飛行を終えカトマンズへ戻る途中で墜落した。乗員3人と乗客16人の19人全員が死亡した。乗客の内訳は、インド人10人、ネパール人3人、アメリカ人2人、日本人1人。現場付近は悪天候であった。[2] [3]

ヒマラヤ山系の気象条件の難しいカトマンズ周辺では過去にも小型機の航空事故は多数起きている。1999年にはポカラからカトマンズに向かっていたネコン航空が墜落している。

脚注[編集]

  1. ^ FLEET INFORMATION [1]
  2. ^ ブッダ航空墜落事故 日本人も同乗 社団法人日本ネパール協会
  3. ^ Streamline ストリームライン

外部リンク[編集]