ブッシュバック属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブッシュバック属
Tragelaphus strepsiceros.jpg
クーズー Tragelaphus strepsiceros
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
亜目 : ウシ亜目 Ruminantia
: ウシ科 Bovidae
亜科 : ウシ亜科 Bovinae
: ブッシュバック属 Tragelaphus

ブッシュバック属 (Tragelaphus)は、哺乳綱鯨偶蹄目(クジラ偶蹄目)ウシ科ウシ亜科。上にブッシュバック亜科を置くこともある。シタツンガクーズーをそれぞれシタツンガ属、クーズー属に分ける場合もある。主にアフリカに生息。

種類[編集]

ブッシュバック[編集]

ブッシュバックは体高70cm程度の中型の種で、雄は鬣と20cm前後の角を有する。サハラ以南のアフリカ(セネガルソマリアアンゴラケープなど)の森林や藪に主に生息し、白い縦縞の文様などから以下の28亜種が認められている[1]

カビンダブッシュバック
カビンダからコンゴ川近辺に生息する種で、ブッシュバックのうち、もっとも原始的な種と考えられている。
マカラブッシュバック
マカラ付近に分布するブッシュバックで、鮮明な横縞が特徴的な種。
カメルーンブッシュバック
カメルーン南部に生息。鬣が他種に比べて長く、明瞭な白い縦縞を持つ。
ナイルブッシュバック
スーダン南部、ウガンダ北部などに生息。
タナブッシュバック
横縞を持たない種で、エチオピア北部のタナ湖アトバラ川近辺に分布する。
ダイアナブッシュバック
鬣に白毛を持つ種で、タンガニーカ湖沿岸に生息する。
セネガルブッシュバック
セネガルに生息する種で、腿に多数の白点を持つ。
ソマリブッシュバック
ソマリアに生息する種で、4本から5本の白い横縞を持つ。
ケニアブッシュバック
身体に斑紋が無い種で、ケニアの中部および北部に生息する。
ダマブッシュバック
ケニア西南のビクトリア湖東部に分布し、白点が並んだ縦縞を持つ。
マサイブッシュバック
タンザニアに分布する種で白い縦縞を持たない。
ザンビアブッシュバック
6本から8本の横縞を持つ種で、アンゴラザンビアボツワナジンバブエなど広域に分布している。
リンポポブッシュバック
腿に多数の白点を持つ種で、リンポポ川流域に生息している。
ケープブッシュバック
ナミビア南アフリカ共和国に分布しており、斑紋を持たない種。

ニアラ[編集]

ニアラはマラウイ、アンゴラなどの沼地に生息している種で、体高120cm、体長150cm前後の中型で、雄は80cmを超える長い角を持つ。茂みの深いところにハーレムを形成して少数頭で生息する。亜種は認められていない。

マウンテンニアラ[編集]

マウンテンニアラはニアラにくらべて体高120cm、体長200cmとかなりの大型種。雄が持つ角も120cmあり、1回から2回ほど捩れている。1908年にエチオピア南部のサハツ山、標高2700mで発見された。乾期になるとさらに高地へ移動し、4200m前後に分布する。ニアラと同じくハーレムを形成する。シダモからハラールにかけての山岳地帯に生息する。亜種は認められていない。

シタツンガ[編集]

シタツンガはニアラに似た種であるが、硬毛を持ち、雄の有する角は1回から2回捩れている。セネガルエチオピアスーダンタンザニアカメルーンコンゴジンバブエザンビアなどの葦やパピルスなどの茂る沼地に生息する。ハーレムを形成する場合と、1対の場合と両方が確認されており、大きな群れは形成しない。

ガボンシタツンガ
ガンビアチャドスーダン西部、カメルーンガボンコンゴ西部などに生息する亜種。
ニアンザシタツンガ
スーダン南部、ケニアウガンダタンザニア北部などに生息する亜種。
ヌコシシタツンガ
他の亜種に比べて角が短く、捩れも少ない種で、ビクトリア湖セセ諸島のひとつ、ヌコシ島にのみ生息する。
ザンベジシタツンガ
雄、雌が同色の種で胴に斑紋が無い。タンザニア南部、コンゴ南部、アンゴラボツワナモザンビーク北部などに生息する。

クーズー[編集]

クーズーはヨーロッパに生息するアカシカに似た種で、180cmを超える角を持つ大型種。山地や石の多い藪地などに小さな群れまたはハーレムを形成して生息する。ソマリアエチオピアスーダンケニアコンゴアンゴラなど広域に分布。

レッサークーズー[編集]

体つきはクーズーに酷似しているが小型で、雄は80cm程度の角を有する。ソマリアエチオピアタンザニアケニアなどの乾燥地帯に生息する。

脚注[編集]

  1. ^ ペアトリス・ライデッカーによる。ハルテノースは23亜種とした。