ブッカー・T・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブッカー・T・ジョーンズ
}
基本情報
出生 1944年11月12日(70歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テネシー州 メンフィス
ジャンル R&B
ソウル
ファンク
エレクトリック・ブルース
担当楽器 ハモンド・オルガンピアノギター
レーベル スタックス・レコード
MCAレコード
A&Mレコード
アンタイ・レコード
共同作業者 ブッカー・T&ザ・MG's
公式サイト http://www.bookert.com/

ブッカー・T・ジョーンズ(Booker T. Jones, 1944年11月12日 - )はアメリカテネシー州メンフィス出身のオルガニストで、ソングライタープロデューサーアレンジャースタックス・レコードのハウスバンド、ブッカー・T&ザ・MG'sのフロントマンとして知られる。

1992年にバンドはロックの殿堂入りを果たした。

バイオグラフィ[編集]

テネシー州メンフィス生まれ。幼少の頃よりオーボエサクソフォーントロンボーンピアノの楽器を学校で演奏し、教会にてオルガンを演奏していた。高校はブッカー・T・ワシントン高校へと通った。

16歳の時プロミュージシャンとして、サテライト・レコードにてバリトン・サックスを演奏。ルーファス&カーラ・トーマスの"Cause I Love You"がヒットする。

間も無くサテライトはスタックスと改称、ジョーンズは社員であった、スティーヴ・クロッパーと出会い、1962年に自分の名をフロントとしたザ・MG'sを結成。ジョーンズがオルガンを、スティーヴがギターを、ルイス・スタインバーグベース・ギターを、アル・ジャクソン・ジュニアがドラムを担当した。ベース・ギターは後にドナルド・ダック・ダンに替わった。

ザ・MG'sはスタックスのハウスバンドとして、オーティス・レディングサム&デイヴウィルソン・ピケットなどをサポートした。

バック・バンドとして活動する中で、ソロ活動もしており、"Green Onion"等がヒットする。1971年のMelting Potを最後に活動を停止、幾度か再結成を繰り返した後に1994年に改めて活動を再開している。

ジョーンズ本人のソロ作は、1972年に"The Runaway"を、1974年にCBSから"Evergreen"を、1978年から1981年にかけて、A&Mで3作のR&B作品"Try and Love Again"、"The Best of You"、"I Want You"をリリース。1971年から1973年にかけては、リタ・クーリッジの姉である奥方のプリシラ・ジョーンズとのスワンプ・ロックのデュオアルバムを3作リリースしている。

2009年には20年ぶりとなるソロ作"Potato Hole"をアンタイ・レコードよりリリースした。このアルバムではドライヴ・バイ・トラッカーズがバックバンドを務め、またニール・ヤングがギターで参加している。また、同年のフジロック・フェスティバルに初出演した。2011年に、"The Road From Memphis"をリリース。2013年には復活したスタックスよりSound the Alarmをリリースした。

ディスコグラフィ[編集]

ブッカー・T&ザ・MG's[編集]

ソロ[編集]

  • The Runaway (1972, MCA)
  • Evergreen(1974, CBS)
  • Try and Love Again (1978, A&M)
  • The Best of You (1980, A&M)
  • I Want You (1981, A&M)
  • Potato Hole (2009, Anti)
  • The Road from Memphis (2011, Anti)
  • Sound the Alarm (2013, Stax)

デュオ・アルバム[編集]

BOOKER T. & PRISCILLA JONES

  • Booker T. & Priscilla (1971, A&M)
  • Home Grown (1972, A&M)
  • Chronicles (1973, A&M)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]