ブダペスト郊外電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブダペスト郊外電車のシンボルマーク

ブダペスト郊外電車ハンガリー語:Budapesti Helyiérdekű Vasút)は4つの路線と1支線からなる、ブダペスト交通会社(BKV)が運営する郊外鉄道路線である。この伝統的な軽鉄道は、ハンガリー首都であるブダペストと、その市街地連担地域の公共交通機関であるが、郊外電車(HÉV)との呼び名が一般化している。4つの路線のそれぞれは1つのネットワークとしてはつながっておらず、ブダペストの市街地に所在する駅から放射状に伸びている。軌間標準軌で、架線電圧は直流1000Vである。

路線[編集]

Budapest trainsuburb network.svg
  • Budapest H5 HÉV.svgセンテンドレ線 : ブダペスト地下鉄2号線の沿線であるバッチャーニ広場駅 (地下駅) から北へ伸び、郊外の町であるセンテンドレの駅との間を結んでいる。延長は20.9kmである。
  • Budapest H6 HÉV.svgラーツケヴェ線 : 第9区のヴァーゴーヒード駅から、南郊のラーツケヴェ駅までの40.1kmを結ぶ。所要時間は1時間9分から1時間14分である。
  • Budapest H7 HÉV.svgチェペル線 : 第9区のボラロス広場駅から、第21区にあるチェペル駅までの6.7kmを結ぶ。
  • Budapest H8-H9 HÉV.svgゲデレー線 : ブダペスト地下鉄2号線の終点であるウルシヴェゼール広場駅に始まり、北東の郊外のゲデレー駅との間25.6kmを結んでいる。途中、ツィンコタ駅からはチェメル駅への支線 (3.2km) が分岐している。ウルシヴェゼール広場駅 - チェメル駅間は10.7km。

車両[編集]

MXA形

付随車をはさんだ3両編成の電車が使用される。2編成を連結して1箇列車に組成される場合もある。緑色に塗装された車両には次の3つのタイプがある。

  • MIXA形 : 1963年から1966年にかけてブダフォク車庫とドゥナケッチ鉄道工場で27編成が作られた。チェペル線専用である。電機品は東ドイツのLEW製である。
  • MX形 : 1971年に東ドイツのLEWで32編成が作られた。ラーツケヴェ線専用である。
  • MXA形 : 1975年から1983年にかけてやはり東ドイツのLEWで75編成が製作された。MX形電車の改良型である。各線で使用されている。

外部リンク[編集]