フール・オン・ザ・ヒル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フール・オン・ザ・ヒル
ビートルズ楽曲
リリース イギリスの旗 イギリス1967年12月8日(EP)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国1967年11月27日(LP)
日本の旗 日本1968年3月10日(EP)
録音 アビー・ロード・スタジオ
1966年11月24日1966年12月21日
ジャンル ロック
時間 3分00秒
レーベル パーロフォン(イギリス)
キャピトル・レコード(アメリカ)
オデオン(日本)
作詞者 レノン=マッカートニー
作曲者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
マジカル・ミステリー・ツアー 収録曲
A面
  1. マジカル・ミステリー・ツアー
  2. ユア・マザー・シュッド・ノウ
B面
  1. アイ・アム・ザ・ウォルラス
C面
  1. フール・オン・ザ・ヒル
  2. フライング
D面
  1. ブルー・ジェイ・ウェイ
マジカル・ミステリー・ツアー 収録曲
A面
  1. マジカル・ミステリー・ツアー
  2. フール・オン・ザ・ヒル
  3. フライング
  4. ブルー・ジェイ・ウェイ
  5. ユア・マザー・シュッド・ノウ
  6. アイ・アム・ザ・ウォルラス
B面
  1. ハロー・グッドバイ
  2. ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー
  3. ペニー・レイン
  4. ベイビー・ユーアー・ア・リッチ・マン
  5. 愛こそはすべて


フール・オン・ザ・ヒル(The Fool On The Hill)は、ビートルズの楽曲である。

解説[編集]

作詞作曲はポール・マッカートニーハーモニカジョン・レノンジョージ・ハリスンボーカルリコーダーはポール。アルバム『マジカル・ミステリー・ツアー』と『ザ・ビートルズ1967年〜1970年』(通称:青盤)に収録。邦題はフールの前の「The」が入っていない「フール・~」となる。

「フール・オン・ザ・ヒル」は英語で「丘の上の阿呆」の意味。地動説を唱えて断罪され、田舎に蟄居を余儀なくされたガリレオ・ガリレイ、ポールが飼っていたオールド・イングリッシュ・シープドッグのマーサがヒントで作られ、テレビ映画「マジカル・ミステリー・ツアー」に使われた。サイケデリックの要素を感じさせるところもあるが、ポール流の非常に哲学的な歌詞である。また、フルートリコーダーによって効果的な演出がなされている。

テレビ映画ではポールがバスの美しい風景に入り浸っているというシーンで使用されているが、このシーンはポールがフランスニースまで出向いて撮影したというエピソードがある(他のメンバーはこの撮影には不参加)。

またこの曲のレコーディング作業中に、日本の音楽誌「ミュージック・ライフ」編集長の星加ルミ子が、1965年に続き2度目の訪問取材を行っている。この時、後にジョンの妻となるオノ・ヨーコもレコーディング作業を見学しており、「ミュージック・ライフ」のカメラマンによって撮影された親しげに談笑するジョンとヨーコのスナップが、恐らく世界で初めて撮影されたジョンとヨーコのツーショット写真である(奇しくも同時期、ロンドンのクラブにてポールとのちの妻リンダ・イーストマンが談笑する初のツーショット写真も撮られている。)

カヴァー[編集]

ジョン・ウィリアムス山下和仁福田進一村治佳織などの著名なギタリストによる、クラシック・ギターによるカバーも有名である。また、1968年には、セルジオ・メンデスが、同曲のカバー・ヴァージョンをシングルとしてリリースし、ビルボード誌最高位第6位を記録している。

シルク・ド・ソレイユの公演「ラヴ」には、"The Fool"が登場する。

収録アルバム[編集]

関連項目[編集]