フート (魚雷)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フート開発の元となったと噂されるロシアのシクヴァル魚雷
シクヴァル魚雷の先端部
シクヴァル魚雷の後部

フートペルシア語: حوت‎ =鯨、英語:Hoot)は イラン製の高速魚雷である。これはスーパーキャビテーションを利用することで、約360km/時の高速で水中を疾走することができるとされ、この速度は通常の魚雷の数倍である。

2006年4月2日と3日に行われたイランの軍事訓練「Great Prophet」((پيامبر اعظم(ص)において、水上艦から模擬潜水艦に対する試験発射が成功したとされた。

公式なイランの報道機関である国営イスラーム共和国通信(IRNA)はイスラム革命防衛隊によって開発・製造されたと伝えた。しかし軍事や産業分野のアナリスト達は、このフートが速度が同じロシアシクヴァル高速魚雷に由来すると推論した[1][2][3]

ロシア製のシクヴァル高速魚雷が水中ミサイルと分類されることがあるため、フートの分類も水中ミサイルとされるかもしれない。

出典・注記[編集]

  1. ^ Fisher, Richard Jr. (2006年5月20日). “China's Alliance With Iran Grows Contrary to U.S. Hopes”. International Assessment and Strategy Center. 2008年8月6日閲覧。
  2. ^ Sammy Salama, Nikolai Sokov, and Gina Cabrera-Farraj (2006年5月4日). “Iran Tests Missiles for Domestic and Foreign Audiences; Origins of One Advanced System Remain Murky”. James Martin Center for Nonproliferation Studies. 2008年8月6日閲覧。
  3. ^ Tait, Robert (2006年4月3日). “Iran fires naval missile into nuclear debate”. The Guardian. 2008年8月6日閲覧。

外部リンク[編集]