フーセンウサギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フーセンウサギ株式会社
Fusen-Usagi Corporation
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
大阪府大阪市中央区南船場4-11-28 daiwa南船場ビル7F
設立 1951年7月(創業は1921年1月)
業種 繊維製品
事業内容 子供服製造卸
代表者 猪瀬壮太郎、植月伸悟
資本金 5億5379万円
売上高 118億3700万円(2009年2月期)
従業員数 765名(2009年9月11日現在)
外部リンク フーセンウサギ
特記事項:2013年10月破産
テンプレートを表示

フーセンウサギ株式会社は、大阪市中央区に本社を置く子供服製造卸企業。みどり会の会員企業だった。渡辺一良1921年に創業。

自社ブランドのフーセンウサギ、CELEC(セレク)、richesse(リシェス)、pikku poika(ピックポイカ)、低プライスブランドcucco(クッコ)のほか、OLIVEdesOLIVE DOLLナイキ等のライセンスブランドの子供服の企画製造も行っている。1990年には、F3において「フーセンウサギレーシングチーム」のメインスポンサーをつとめた。過去には、『桂三枝のにゅーすコロンブス』(朝日放送制作・テレビ朝日系列)や『どうぶつ奇想天外!』(TBS)にCM提供していた。

2006年6月、みずほ証券系の投資ファンド(ポラリス・プリンシパル・ファイナンス株式会社)が第三者割当増資を引き受けると共に既存株主からも株式を買取、フーセンウサギ株式の約67%を取得している。2007年12月には100%子会社の株式会社ファティエを吸収合併し、リーバイスブランドの子供服の企画製造およびアカチャンホンポしまむらなどの量販店向け卸販売も行うようになった。

2013年10月15日大阪地方裁判所破産申立て。負債総額約30億円[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]