フーサヴィーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フーサヴィーク
—    —
フーサヴィーク港
フーサヴィークの位置(アイスランド内)
フーサヴィーク
フーサヴィーク
位置図
座標: 北緯66度03分 西経17度19分 / 北緯66.050度 西経17.317度 / 66.050; -17.317
アイスランドの旗 アイスランド
選挙区 北東区
スーズル=シンクエイヤルシスラ県
自治体 ノルズルシンク
人口 (2006年)
 - 計 2,296人
等時帯 GMT (UTC+0)
郵便番号 640、645
ウェブサイト www.husavik.is
教会

フーサヴィークアイスランド語: Húsavík)は、アイスランド北部のノルズルシンク自治体に属す小さな町。スキャゥルファンディ湾に面する。

観光業や漁業、小売業のほか工業も営まれている。湾の入り口でさまざまな種のクジラがひんぱんに現れるため、ホエールウォッチングの北の拠点になっている。フーサヴィーク鯨博物館やアイスランドペニス博物館ではアイスランドに棲む哺乳類の見本を展示している。

スウェーデン出身のバイキング、ガルザル・スヴァヴァルソンは一冬をアイスランドで過ごした初めての島外の人間で、島を自らの名にちなみ「ガルダルショルミ」(Garðarshólmi)と名づけた。「フーサヴィーク」という地名にも「家の湾」という意味がある。町の学校の近くには彼を記念したモニュメントがある。

近くには雄大な自然と野生動物の暮らしが見られるミーヴァトン湖が位置しており、かつては湖から産出される二酸化ケイ素を輸出していた。

町の教会は1907年に築かれたものである。

姉妹都市[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]