フンメル人形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フンメル人形

フンメルHummel)とは、マリーア・イノツェンツィア・フンメル(Maria Innocentia Hummel, M. I. Hummel, 旧:ペルタ・フンメル; Bertha Hummel 1909年ニーダーバイエルンマッシング Massing生 - 1946年没)のデザインによる陶磁器人形の総称。

概要[編集]

スペインのリヤドロと並び、世界的に有名な高級陶磁器人形ブランド

現在はゲーベル社(Goebel) により合併会社として M.I.Hummel の名前で製品のデザインと開発、販売を行っている。合併後一時は衰退したものの、その独特のデザインと色のバランスで、いまだ世界中数多くのファンの心を掴んで離さない。

2008年6月18日、ゲーベルは販売の落ち込みのため、2008年中にフンメル人形の生産を中止すると発表した[1]

技術[編集]

近年、型を撮るためにアクリル樹脂を使用している。合成樹脂の使用で、工場生産段階で型の型を作る必要がなくなり、生産効率を上げることができる。

近年、ヨーロッパ産ソフトペーストからアジア産ハードペーストポーセリン素地に変えている。素地を1150℃で一度ビスク焼成(「ビスク」とは、お菓子のビスケットと同じく、フランス語の「二度焼き=ビスキュイ(biscuit)」が語源である。)し、透明のグレーズに漬け、再度1020℃で焼成。つるつるで水分を吸わなくなった表面に付けをし、760℃で絵具を定着させる。

脚注[編集]

外部リンク[編集]