フロントウイング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Frontwing
ジャンル アダルトゲーム
企業名 株式会社フロントウイング
審査 ソフ倫
デビュー作 カナリア 〜この想いを歌に乗せて〜
2000年8月4日
最新作 グリザイアの楽園
2013年5月24日
公式サイト フロントウイング
テンプレートを表示

株式会社フロントウイング: Frontwing)は、日本アダルトゲームのソフトメーカー。本社は東京都台東区[1]。代表取締役社長[2]およびプロデューサー[3]を務めるのは山川竜一郎。メインのブランドは社名と同じ「Frontwing」だが、それ以外に、「Survive(サヴァイブ)」「ホチキス」「b-Wings」などのブランド名でもソフトを販売していた。

学園を舞台としたゲームからハードな内容を含んだもの、3DCGを利用したものまで、作品の傾向は多岐にわたる[4]。3Dコンテンツの作成は「ポリゴン村」というチームを組み、2D作品で使用される動画への3D導入を検討するなど、作品の企画および制作に携わっている[5]。コンシューマー版に何作品か移植されているが、基本的に移植版の開発も同社が行なっている。また、3Dダンス動画作成ソフト『Dance×Mixer』の開発元でもある[6]

代表作には『魔界天使ジブリール』シリーズおよび『グリザイア』シリーズ3部作などが挙げられる[4]。ライターの宮本直毅は『魔界天使ジブリール』に関して、「戦うのが見目うるわしいヒロインなら、そのリスクはエロい想像力を刺激」し、そういった作品の需要を示した作品と位置付けている[7]。対して『グリザイア』シリーズでは、第1作『グリザイアの果実』が萌えゲーアワード2011年度のGOLD大賞[8]、第2作『グリザイアの迷宮』が2012年度のSILVER大賞を獲得している[9]

発売ゲーム一覧[編集]

FrontWing[編集]

Survive[編集]

ホチキス[編集]

b-Wings[編集]

その他[編集]

  • 2002年10月25日 - ピアノストレイン
    • teamFALSTAFFが開発。Frontwingが販売。

コンシューマー移植作品[編集]

移植作品の販売元は他社だが、基本的に開発は同社が行なっている。

ドリームキャスト版[編集]

PlayStation 2版[編集]

  • 2002年8月29日 - フーリガン 〜君のなかの勇気〜(販売元:PCCW Japan
  • 2002年12月26日 - スイートレガシー 〜ボクと彼女の名もないお菓子〜(販売元:PCCW Japan)
    • 426収録版『スイートレガシー』のリメイク。
  • 2003年4月10日 - カナリア 〜この想いを歌に乗せて〜(販売元:NECインターチャネル)

Xbox 360版[編集]

PlayStation 3版[編集]

  • 2012年1月12日 - タイムリープ(販売元:プロトタイプ)

主な制作スタッフ[編集]

  • プロデューサー - 山川竜一郎 ※株式会社フロントウイング代表取締役社長。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フロントウイング公式サイト-採用情報”. フロントウイング. 2013年10月27日閲覧。
  2. ^ ファイ (2013年10月11日). “食べて飲んでカードゲーム三昧の“ChaosTCGナイトカーニバルin合宿”&“Vスパリングイン合宿in大津”を突撃レポート!”. 電撃オンライン. http://dengekionline.com/elem/000/000/724/724380/ 2013年10月27日閲覧。 
  3. ^ リレーコラム 第1回:山川竜一郎さん|コラム|NEXT DECADE - 佐藤ひろ美 10th Anniversary Project”. S. 2013年10月27日閲覧。
  4. ^ a b 電撃萌王編集部 2013, p. 138.
  5. ^ 武蔵野プロ (2011年7月21日). “eX.computerを愛用するフロントウイングの3Dチームに制作現場の“今”を聞く (1) 3D制作チーム「ポリゴン村」にインタビュー”. マイナビニュース. http://news.mynavi.jp/kikaku/2011/07/21/001/index.html 2013年10月27日閲覧。 
  6. ^ 武蔵野プロ (2011年7月21日). “eX.computerを愛用するフロントウイングの3Dチームに制作現場の“今”を聞く (2) 業務用のマシンに求めるものとは?”. マイナビニュース. http://news.mynavi.jp/kikaku/2011/07/21/001/001.html 2013年10月27日閲覧。 
  7. ^ 宮本 2013, p. 196.
  8. ^ 萌えゲーアワード 2011年度 受賞タイトル発表”. 萌えゲーアワード実行委員会. 2013年10月27日閲覧。
  9. ^ 萌えゲーアワード2012 受賞タイトル発表!!”. 萌えゲーアワード実行委員会. 2013年10月27日閲覧。

参考文献[編集]

雑誌[編集]

書籍[編集]

  • 宮本直毅 『エロゲー文化研究概論』 総合科学出版、2013年ISBN 978-4-88181-829-9 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]