フロレンティン・ホフマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フロレンティン・ホフマン
シドニーで展示された巨大ラバー・ダック(2013年)

フロレンティン・ホフマンFlorentijn Hofman, 1977年4月16日- )はオランダの芸術家。名前の日本語読みは「フロレンタイン」としているものもある[1]

概要[編集]

デルフゼイルの生まれ。2000年にオーファーアイセル州カンペンクリスチャン視覚芸術アカデミーオランダ語版(現在のズヴォレ芸術デザイン大学オランダ語版)を卒業後、ベルリンのベルリン=ヴァイセンゼー芸術大学に進学して修士号を取得した。以降はロッテルダムを拠点とし、公共空間に巨大造形物を展示する活動を繰り広げている[1]

ホフマンの主だった作品としては、西フリースラント諸島スヒールモニコーフ島オランダ語版の海岸に、無造作に転がした3台の高さ6メートルのグランドピアノの造形物、スウェーデンエレブルーで開催の「オープン・アート・ビエンナーレ2011」で展示された全長13メートルほどの「ビッグ・イエロー・ラビット」、ハーグで展示された巨大ぬいぐるみの群れ、ストラスブールで展示されたミッキーマウス風の耳を付けたブタの造形物などがある[2][注釈 1]。使用素材はさまざまで、木、金属、ゴム、ラテックス[3]、自動車[4]ツェッペリンNT[5]など多岐にわたる。

2007年からは、巨大なラバー・ダックを制作し、ロッテルダムを皮切りにフランスブラジルベルギー香港など世界各地で展示している。日本では2009年の「水都大阪2009」中の「Rubber Duck Project 2009」において八軒家浜で展示されて以降、「OSAKA光のルネサンス」、クリエイティブセンター大阪中之島バンクス前、中之島公園バラ園および尾道の「海フェスタおのみち」で展示された。この内2009年のベルギーではメッタ刺しの被害に合っている[6]

このほか2011年には高さ8m、幅約10mのカエルのオブジェ、「美かえる」(みかえる)を制作し、兵庫県立美術館屋上に設置された[7][8]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ これら造形物の正式名称は不明。

出典[編集]

  1. ^ a b アヒルプロジェクト”. 事業内容 地域創生・社会貢献事業. 千島土地株式会社. 2012年10月16日閲覧。
  2. ^ PROJECTS” (英語). Website Florentijn Hofman. Website Florentijn Hofman. 2012年10月16日閲覧。
  3. ^ PROJECTS Black Crow” (英語). Website Florentijn Hofman. Website Florentijn Hofman. 2012年10月16日閲覧。
  4. ^ PROJECTS Courier Cars” (英語). Website Florentijn Hofman. Website Florentijn Hofman. 2012年10月16日閲覧。
  5. ^ PROJECTS Zirkus Zeppelin” (英語). Website Florentijn Hofman. Website Florentijn Hofman. 2012年10月16日閲覧。
  6. ^ 人気の巨大アヒル、香港で溺れる? - CNN.co.jp 2013.05.15 Wed posted at 15:04 JST
  7. ^ 兵庫県立美術館屋上の巨大カエル・オブジェ愛称の決定について (PDF)”. 兵庫県立美術館 Press Release. 兵庫県立美術館 (2011年). 2012年10月16日閲覧。
  8. ^ オブジェ「美かえる」に会いに来て 兵庫県立美術館”. 神戸新聞NEWS. 神戸新聞 (2012年1月16日). 2012年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月29日閲覧。

外部リンク[編集]