フロイド・メイウェザー・シニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フロイド・メイウェザー・シニア
Floyd Mayweather, Sr. cropped.jpg
基本情報
本名 フロイド・ジョイ・メイウェザー
階級 ウェルター級
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1952年10月19日(61歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミシシッピー州エーモリー
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 36
勝ち 29
KO勝ち 19
敗け 6
引き分け 1
テンプレートを表示

フロイド・メイウェザー・シニアFloyd Mayweather, Sr、男性、1952年10月19日 - )は、アメリカ合衆国ミシシッピー州出身の元プロボクサー、現トレーナー。本名はフロイド・ジョイ・メイウェザーFloyd Joy Mayweather)。世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー・ジュニアは息子。世界2階級制覇王者ロジャー・メイウェザージェフ・メイウェザーは弟。

概要[編集]

プロボクサーとしては大成しなかったが、ボクシング史上に残る名ボクシングトレーナーとして知られる。難病の肺サルコイドーシスを患っている。メイウェザー・ジュニアが1歳の時に、メイウェザー・シニアは叔父からショットガンで足を撃たれているが、この時自身が撃たれないようにするために、メイウェザー・ジュニアを盾代わりに使った[1]

来歴[編集]

ボクサー時代[編集]

1974年11月21日、プロデビュー。

1985年4月26日USBA全米ウェルター級王座に挑戦するも、0-3の判定負けで王座獲得に失敗した。デビュー35戦目で初のタイトルマッチ出場となった。

世界ランカーであった時期に、当時米国ボクシング界のホープで後の五階級制覇王者シュガー・レイ・レナードと対戦したことがある。試合は10回にレナードの高速連打をあびTKO負け。

1990年11月3日の試合を最後に引退した。

トレーナー時代[編集]

ボクシングトレーナーとして、幼少期を中心に息子であるフロイド・メイウェザー・ジュニアオスカー・デ・ラ・ホーヤ(2001年 - 2006年)、チャド・ドーソンリッキー・ハットン(ポール・マリナッジ戦とマニー・パッキャオ戦)、ホアン・グズマンレイラ・アリジョゼフ・アグベコなどを指導した。2007年にデ・ラ・ホーヤがメイウェザー・ジュニアと対戦する時、シニアは普段は25万ドルでデ・ラ・ホーヤのトレーナーに就いていたがこの試合に限っては異例の高額条件となる200万ドルをデ・ラ・ホーヤに提示する、しかしデ・ラ・ホーヤは支払いを断り代わりにフレディ・ローチをトレーナーに雇った[2]

息子であるフロイド・メイウェザー・ジュニアにボクシングを教え、マネージャーも務めた。1998年にはマネージャー・オブ・イヤーに選出されている。

1993年、メイウェザー・ジュニアが16歳の時にコカイン密売で有罪判決を受け、5年間半刑務所で服役した。1998年に出所後、メイウェザー・ジュニアのトレーナーとマネージャーに復帰するが、2年ほど経つと喧嘩別れをしてしまい、居候していた家を追い出され、使用を許可されていた車も取り上げられた[1]。幼少期とこの2年間を除き、メイウェザー・ジュニアのトレーナーには弟のロジャー・メイウェザーが就いている。

2009年、ロジャー・メイウェザーが家庭内暴力の罪で刑務所に6ヶ月間服役する。この時にシニアとジュニアとの関係が一時的に修復するが、ロージャーが出所後ジムへ戻ってくると今度はロジャーとの兄弟喧嘩が勃発、ジュニアがロジャーを選んだことで、再びシニアは疎遠となった。

2013年、メイウェザー・ジュニアのトレーナーを長年務めてきたロジャー・メイウェザーが体調を崩し気味で、メイウェザー・ジュニアとの緊張関係も和らいできたこともあり、2013年9月のサウル・アルバレス戦ではチーフセコンドを努めた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Stormy Mayweather”. NYDailyNews.com (2007年4月30日). 2014年2月10日閲覧。
  2. ^ Roach named to train De La Hoya”. ESPN.com (2007年1月30日). 2014年2月15日閲覧。

外部リンク[編集]