フレドリック・ストラットン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フレドリック・ストラットン(Frederick John Marrian Stratton FRS、1881年10月16日 - 1960年9月2日)はイギリスの天体物理学者。日食時の太陽スペクトルの観測などを行った。

バーミンガムに生まれ、ケンブリッジ大学で学んだ。ケンブリッジ天文台で働き、1928年から1947年の間ケンブリッジ大学の天体物理学の教授、太陽物理観測所 (Solar Physics Observatory) の所長を務めた。クレーター小惑星 (1560) ストラットニア (Strattonia) に命名された。1936年には北海道皆既日食の観測のために来日した。

1953年から心霊現象研究協会の会長を務めた。